人間力の基準を高める目標設定の考え方

新年なので今日はちょっと目標達成についての話です。

この時期、いろいろな方が目標達成について情報提供していると思いますが、今回はちょっと違うアプローチの目標達成について話そうと思います。

 

最初にお伝えしておくと、これからお伝えする内容は、イギリスの事業家ピーター・セージの教えが元になっていて、それを目標達成用にアレンジした考え方です。

 

目標達成は、単に達成したい目標を設定する、だけでなく、ある要素を目標に追加しアレンジすることによって、人間力の基準を格段に高めることができます。

 

そのある要素とは

  • 肉体
  • 感情
  • 知性
  • 精神性

の4つ。

 

4つの要素を簡単に説明すると、

肉体とは、体の健康状態や活力を高められるかどうか。これによって、自分を律する力が養われます。

感情とは、自分の感情、気持ちを敏感に感じられるか、表現できるかどうか。これによって、感謝と愛する気持ちが養われます。

知性とは、記憶力や想像力、洞察力など知能を高められるかどうか?これはそのまま知性、頭の良さが養われます。

精神性とは、自分のビジョンやミッション、目に見えない力を感じられるかどうか。これによってスピリチュアリティが養われます。

これらの全てもしくは複数の要素を達成したい目標に盛り込むことで、人間力の基準は大きく高めることが出来ます。

 

例えば、『年収1000万円になる』という目標があったとします。この目標で必要になるのは、得てして知性ばかり。なので、知性ばかりが高まります。

もう一つ、『フルマラソンを完走する』という目標では、肉体がメインですね。自分を律する力が大きく養われていきます。

 

もちろん、こうした目標でも構わないのですが、折角ですからさらに人間力を高めるようにアレンジしてみると、どうなるでしょうか?

 

例えばこんな感じです。

『フルマラソンを完走する』
 ↓
『ホノルルマラソンを完走する』

会社勤めをしている方であれば、会社を休まなければいけないというハードルがあるので、なかなか手を出しにくいことでしょう。お金もかかります。

すると、お金と時間を作り出す『知性』が必要になってくるわけです。

そして、代わりに仕事をやってくれる同僚や応援してくれる友人たちへの感謝や愛、『感情』も養われることでしょう。

会社を休むための理由として、自分の人生と向き合い、自分のビジョンやミッションに目覚めるかもしれません。これは『精神性』です。

これまで肉体のみのチャレンジが、人間力全体を高めるチャレンジに早変わりです^^

 

俺は5年前、自転車で日本一周を達成しました。

最初は自転車で旅をすることは考えていなくて、単に日本一周がしたかっただけなんですね。

でも、電車とか飛行機とか車だと、俺の中でお金さえあればできてしまう、結局、『知性』だけのチャレンジだったんですよね。

なので、特に肉体的チャレンジの強い自転車を選び、感情、精神性もキッチリ高まるように、目標設定し実行したのでした。

自転車きつかったですけどね、お金を作る力が鍛えられたリ、感情表現が前よりもできるようになったり、世界の見え方やセルフイメージが段違いになったし、知性だけにしなくてよかったなぁって大満足しています^^

日本最北端 宗谷岬にて

 

目標設定は人それぞれなので、この方法を押し付けるつもりはもちろんありません^^

今の目標が物足りなくて

もっと基準を高めたい
もっと目標をワクワクするものにしたい

というときは、4つの要素を加えて目標設定をしてみると、きっと面白いことになりますよ^^


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です