セミナー集客につながるアンケート作成3つのポイント

アンケートは作り方で成果が変わる

以前このブログ記事で、

集客が変わる!アンケート活用術 3つのステップ

というアンケートを活用して、どうやって集客数を増やすのかについて書いたんだけど、今回はアンケートを作成するときに押さえておくべきポイントをお伝えしようかなと。

 

せっかくアンケートを取るチャンスがあるのであれば、アンケートの結果を成果につなげたい。

 

でもアンケートの作り方自体が間違ってると、その成果は弱まってしまうんだよね。

 

せっかくのチャンスを活かすためにも、ここでアンケート作成ポイントをしかっり頭に叩き込んでいこう。

アンケート作成ポイント その1

ポイントの1つ目は、目的を明確にする

 

仕事柄、色んな人のアンケートをみるけど

「このアンケートって何が目的で作られてるんだろう?」

って感じることが多々ある。

 

アンケートを作る時には、アンケートを通じて、

リサーチがしたいのか?

紹介文が欲しいのか?

単に褒めてもらいたいのか?

など、何を得たいのか、目的を明確にする必要があるんだ。

 

当然ながら、目的によって質問が変わってくるからね。

 

目的もあいまいで何となくアンケート作っても、なんとなくの結果にしかならないので注意しよう。

アンケート作成ポイント その2

ポイントの2つ目は、記入者から何を引き出したいのか明確にする

 

アンケートの目的が決まったら、今度は記入者から何を引き出したいのかを明確にしよう。

 

例えば、リサーチを目的としたアンケート。

そのアンケートによってリサーチしたいことをさらに絞っていくんだ。

 

本当の悩みが知りたいのか?

夢や目標が知りたいのか?

セミナーの価格調査をしたいのか?

他に参加したいセミナーが知りたいのか?

 

アンケートは質問が多くなると記入してくれなくなる可能性が高くなるので、少ない質問の中で何を引き出せば次のセミナー集客につながる種になるのかをしっかり考えてアンケートを作っていこう。

アンケート作成ポイント その3

ポイントの3つ目は、欲しい答えを引き出す質問を作る

 

実は3つ目は超×10重要!!

 

いくらアンケートで引き出したい事項があったとしても、引き出せる質問をしなかったら引き出せない。

なので、質問の仕方が中途半端だと、引き出したい答えが引き出せないことが多いんだよね。

 

質問の仕方で出てくる答えが変わってくるので、アンケートの質問を作るのに十分な時間をかけた方がいい。

特にリサーチを目的としたアンケートは、より深い悩みを引き出す必要があるので、質問作りには十分な時間をかけよう。

まとめ

アンケートはなんとなく作るのではなく、しっかりと目的をもって時間をかけて作るかどうかが、集客につながるかどうかの分かれ道だね。

ポイントを押さえてアンケートを作り、集客活動に活かしていくようにしよう!!

・アンケートの目的を明確にしよう

・記入者から何を引き出したいのか明確にしよう

・欲しい答えを引き出す質問を作ろう

集客が変わる!!アンケート活用術 3つのステップ

2014.10.10
mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です