バックエンドセールスの時間はどれくらい確保すればいいのか?

美人秘書 リンゴさん
さて、今日もご質問を頂いています。

Q::バックエンドの説明時間はどれくらい確保すればいいですか?

それでは、よろしくお願いします

ひでおみ
フロントセミナーに集客が上手くいっても、バックエンド商品の説明時間がなくなって売れないというのは、もったいないですからね。

今日は、フロントセミナーにおけるバックエンド商品の説明時間について、お伝えします

せっかくのチャンスを逃してないですか?

フロントセミナーでバックエンド商品を売るために、しっかりとバックエンドを説明し、申し込ませるための時間を確保するというのは超~~~~~~重要!!

「やっべぇ・・・

セミナーが盛り上がって楽しくやってたら、終了時間まで10分じゃん・・・

原状復帰もしなきゃだし、バックエンドを説明する時間もない・・・

とりあえずバックエンドの申込書配って軽く説明をしとくか・・・」

という状態で、バックエンド商品を売るのはなかなか難しいです。

せっかく信頼関係も構築できて、内容に満足し、さらに学びたいという関心度も高まっているのに、肝心のバックエンド商品を紹介する時間がないなんて、なんてモッタイナイ!!

 

せっかくにチャンスなのに・・・

 

バックエンドを売りたいのであれば、バックエンドを申し込んで貰うための時間は何においても確保しなければいけないということは、まず覚えておいてください。

バックエンドセールスに最適な時間は?

さて、バックエンドセールスの時間を確保しなければいけないのはわかりました。

問題は時間。

バックエンドセールスに最適な時間はあるのでしょうか?

 

ぶっちゃけ、そんな最適な時間はありません^^

言ってしまえば、セールスの時間が5分でも10分でも売れるんですよね^^

 

結局のところ、バックエンドセールスが始まるまでに、バックエンドを購入したい気持ちにさせるフロントセミナーを作ってしまえば、セールス時間が短くても売れるということ。

セミナーはなまものなので、本当に時間が無くなってしまう場合もあるでしょう。

そんな時でもしっかりとバックエンド商品に申し込んでもらえるように、バックエンドが売れるフロントセミナーを作っておきましょう。

バックエンド販売を成功させるフロントセミナーの設計図

2014.08.17

セールスの中でも重要な時間とは?

バックエンドを購入したい気持ちにさせるフロントセミナーを作ってしまえば、セールス時間が短くても売れるのですが、これでは質問の答えにはなっていないので目安をお伝えしますね。

120分のセミナーであれば、20~30分はバックエンドセールスの時間は確保しておきましょう。

バックエンドセールスといっても、この時間ずっとセールストークをするということではなくて、

  • バックエンドの説明
  • 金額や申込方法の提示
  • 体験者の声の発表
  • 特典や値引き、定員などの説明

などをして、あとはQ&Aの時間をとります。

そして、バックエンドセールスの時間の中でも外してはいけない時間っていうのがありまして、それは。。。

申込書に記入する時間

 

「では、これから申込書に記入する時間にします」

と記入する時間を必ず作りましょう。

この時間があるだけで、申し込みはだいぶ変わります。

 

バックエンド成約率を高めるためには、Q&Aや記入の時間が必要になってくるので、そうするとやっぱり20~30分はかかります。

時間が短いと結構バタバタして焦りが思わず出てしまって、いい結果にならないので十分に時間を確保するように注意しましょう。

アンケートの記入はどうする?

「フロントセミナーでは、アンケートはいつ書いてもらえば良いですか?」

と質問を受けることがありますが、基本的にフロントセミナーでアンケートはとりません。

 

というのも、フロントセミナーで参加者に取ってもらいたい行動は、

バックエンド商品の申込書にサインして提出してもらうこと

 

ですので、フロントセミナーの目的だけに意識を集中し、行動はバックエンド商品への申込に絞った方が賢明です。

 

人は2つのやることがあると、面倒になって「どちらもやらない」という選択をする場合がありますし、フロントセミナーのアンケートには、大したことは書かれないことが多いです。

アンケートは、バックエンド商品購入者に取った方が、濃いお客様の声をいただけますからね。

バックエンドセールスに集中しましょう!

まとめ

美人秘書 リンゴさん
せっかくの集客の苦労を無駄にしないためにも、バックエンド商品は買ってもらいたいですね
ひでおみ
そうだね、そのためにも

バックエンドセールスの時間は絶対に取る!

という意識でフロントセミナーを組み立てていきましょう

バックエンド販売を成功させるフロントセミナーの設計図

2014.08.17

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です