セミナー集客はメリットではなくベネフィットを示す

どーも、セミナー集客実践会黒崎英臣です。

今回のテーマは、セミナー集客はメリットではなくベネフィットを示す

セミナー集客はメリットではなくベネフィットを示す

セミナー集客にはキャッチコピー

セミナーに限らず集客はキャッチコピーって大事だよね。

ここが読み手、聞き手に刺さらないと全く興味を示してもらえないわけで、ランディングページであれば先を読んでもらえなくてページ閉じられて終了~

お疲れ様でしたっ!

みたいに感じになっちゃう。

 

やっぱりキャッチコピーってのは集客をするうえで非常に重要っていうのは今さら書くことでもない。

 

で、今回テーマに上げたいのはキャッチコピーでベネフィットを伝えられているかということ。

ベネフィットを感じないキャッチコピー

セミナーに集客ができないの理由の一つは、告知のキャッチコピーにベネフィットを感じられないから。

多くの人はベネフィットではなく、商品の特徴やメリットをアピールしている場合がほとんど。

 

例えばこんな感じ。

世界ナンバーワンサクセスコーチ アンソニー・ロビンズのコーチングメソッドで、あなたの夢を明確にし実現させます

 

う~~~~~~ん、酷いね

 

こういうこと言ってる人、多くない?

ちなみに俺、以前は同じようなこと言ってた(笑)

 

昔だったらまだ、アンソニー・ロビンズのコーチングメソッドを海外で学んだ人が少なかったから希少性はあったけど、今では海外のセミナーに参加する人も増えてるし、今年は本人が来日セミナーやったから商品の特徴としてはぜい弱。

そして、「あなたの夢の実現をお手伝いします」なんてのは曖昧すぎてメリットにもならんわけ。

 

当然ながら売れないよなぁ、これじゃ・・・

 

って今だからわかるけど、昔だったら「これだと売れる」って思ってたのがビジネス初心者の心の強さ(笑)

 

でも、売れないので早めに改善をしていこう。

メリットとベネフィットの違い

ここで問題
「あなたの作業時間を半分にして売り上げを2倍になります」

というのはメリット?それともベネフィット?

 

これはメリット。

では、ベネフィットって何だろう?

 

三省堂 大辞林から一部抜粋すると

メリット:ある物事を行なって生じる利益

ベネフィット:時間の短縮や作業の軽減など,その商品を使用することで得られる利便性や満足感

 

とあるのだけど、ポイントは「その商品を使用することで得られる満足感」の部分。

「その商品を使用することで得られる満足感」をイメージしてもらい、感じてもらうのがベネフィットだ。

ベネフィットはその先の人生をみせる

結局ベネフィットというのは、あなたの商品を購入したら人生はどのように変化をするのかをみせること。

 

先の例でいうと、

『作業時間が半分、売り上げ2倍』の先にどのような人生が待っているのか?

をみせることだ。

 

そうだなぁ、例えば忙しくて子供と一緒にいる時間がないお父さん経営者であれば、

「あなたの作業時間が半分、売り上げが2倍になるので、19時の夕食にはいつも家族全員が揃い、週末は子供とサッカー観戦に行けるようになります」

という感じかな。

 

ざっくり作ったけど、メリットとベネフィットの違い分かるよね?

 

キャッチコピーで惹きつけて先を読んでみてもらうためには、特徴、メリットではなく、ベネフィットを示そう。

まとめ

セミナーの集客数を増やしたいのであれば、セミナーに参加した後にどのような人生が待っているのかを示すとイイぞ!