無意識にかけている心のブレーキを外す

「セミナーで商品を売りたい!」と思ったときに読む本

で注目されている文節の原文をお読みいただけます!

無意識にかけている心のブレーキを外す

 学んだ事を1つずつ実践し改善を繰り返したとしても、成果が上がらない。そんなもどかしい状況に陥る時があります。無意識のうちに自分自身でバックエンド成約率を下げてしまっているのです。成功哲学では「成功はスキルとマインドが重要」とよく言われますが、講師の潜在意識が関係しており、いくら頑張ってもマインド(潜在意識)が商品を売ることを妨げてしまうのです。

 これは車を運転していいて無意識でブレーキを踏んでいるようなもので、「高額セミナーをバンバン売れるようになりたい!」と思ってアクセルを踏んでいたとしても、無意識のうちにブレーキも踏んでしまっていては、前に進まず位置は変わらないまま。アクセルとブレーキを同時に踏み続けていると、やがて車は壊れ廃車になります。ビジネスであれば廃業です。無意識のうちに踏んでいるブレーキを外さない限り、前には進みません。

 売っている商品に自信がない、人前で話す事が苦手、セールスに悪いイメージを持っている、人にお金を請求する事が出来ない、断られるのが怖い、そもそもお金が嫌い などといった心理ブレーキは、バックエンド商品が売れない方のよくみられる特徴です。こうしたブレーキの正体は何でしょう?それは、『恐怖』。人は様々な恐怖を持っています。恐怖から逃れ、自分自身を守る行動を無意識にしてしまうのです。お金を受け取ることに恐怖があれば、お金を請求できません。断られることが恐怖であれば、自分からアプローチしません。自分の恐怖を発見し、解除していかなければ、望む結果を得ることは出来ないのです。

 恐怖には大きく二つの恐怖があります。一つは『自分には価値がない』、もう一つは『自分は愛されていない』。自分に価値がなくなる、自分は愛されなくなる。これがどれほどの恐怖であるかは、すぐに想像できることでしょう。人はこの二つの恐怖から自分を守ろうと何らかの行動をし、時としてリストカットなどの自傷行為や自殺、殺人にまで発展する場合もあります。人の命に関わるほど強力な恐怖がこの二つなのです。

 『セルフイメージを高める』というのは、結局のところ『自分は無条件で価値があり、無条件で愛されている人間である』というアイデンティティにどれだけ確信があるかだと、私は考えています。セルフイメージの高い方は、自分には価値があると知っているので自信がありますし、何をしても愛されていると知っているので、批判や拒絶の恐怖もありません。堂々と自分の商品を紹介し、販売し、お金を受け取ることができるのです。

 こうした恐怖を発見し、一つずつ解放していくことは成約率増加を加速させるだけでなく、あなたをストレスから解放していきます。無意識にかかっている心理ブレーキは、なかなか根深く表面的に解除できたと感じても本質的な原因が解決せず、ブレーキがかかったままの場合もあるので、コーチングや心理ブレーキを解除するセミナーなど専門家に相談するとよいでしょう。

  はポピュラーハイライトです。

 

「セミナーで商品を売りたい!」と思ったときに読む本

 

目次一覧に戻る