開始5分で決まる!参加者の信頼を獲得する冒頭あいさつ

セミナーは開始5分が勝負!

セミナーでは、何においてもまず始めにやるべきことは信頼関係の構築

どんなに素晴らしいコンテンツを持っていたとしても、信頼関係が構築されていなければ、話をあまり聞いてくれませんからね。

 

特にフロントセミナーでは信頼関係の構築は第一優先事項で、フロントセミナーの終了時に

「私のお金と時間をこの人になら託すことができる!!」

と参加者が感じるレベルまで信頼関係を構築することができれば、高額セミナーの成約率はグンと高まります。

 

でね、やっぱり一番気合入れたいのはセミナー開始からの5分間。

 

映画は最初の10分がつまらなければ観てもらえないし、

歌も歌いだしの4小節が下手くそだったら聞いてもらえないし、

セールスレターもヘッドコピーが刺さらなければ読んでもらえない。

 

何事も始めが肝心なので、セミナー開始時の5分間に行われる冒頭あいさつは、

参加者との信頼関係を構築できるようにキッチリつくり上げたいものです。

 

身だしなみと立ち居振る舞い、さらに必要なのは?

普段の日常生活でもそうなんだが、挨拶がしっかりできるのはもちろん、身だしなみが整っていたり、元気が良い人とと付き合いたいものだよね。

 

身だしなみは整っているか?

堂々とした立ち姿勢か?

声に貼りはあるか?

顔の表情は強張っていないか?

 

こうした登場の第一印象はスゲー大事。

というか、この辺りはプロであれば最低限やっておくべきこと。

 

爪が伸びてるとか、鼻毛が出てるとか、脇汗がビッチョリとか

 

そんなのは論外なので気をつけましょう。

でさらに大事なのは、講師の自己紹介

自己紹介で何を話すのかが、信頼の獲得、成約率アップだけでなく、参加者のやる気度アップなどをも左右させていきます。

 

自己紹介では2つの要素を盛り込む

信頼関係を構築する自己紹介を作る時には、次の2つの要素を盛り込むと効果的です。

それは

共感権威性

 

共感は、自分が上手くいかなかったときの苦労話、いわゆる自己開示をすると生まれます。

「この人も昔は、今の私と同じ状態だったんだ」

と感じさせるのが目的。

 

権威性は、実績

「うおっ!スゲー!!」

と感じさせるのが目的。

 

この自己開示と実績を自己紹介に盛り込み、

どん底時代から成果を出すまでのギャップストーリー

をつくると短時間で信頼関係を構築することが出来ます。

 

講師の自己紹介、ストーリーを参加者が聞いて

 

「えっ、この人もどん底の時期があったの?

なんか今の俺と同じ状態、いや、もしかしたら俺の方がマシかも・・・

マジで底から這い上がったんか?

どうやったら、そんなどん底の状態から今の素晴らしい実績出せるだ?

それ知りたい!

はやく教えて!!」

 

という心の動きを作れたら成功^^

 

そのためには、共感と権威性、自己開示と実績というギャップのある自己紹介を作りましょう。

 

自己紹介の注意点とは?

自己紹介で実績しか言わない講師がいるけど、それだと自慢話にしか聞こえない場合も多いし、

「あなただから出来たんでしょ」

と思わせてしまいやすい。

逆に自己開示だけだと、友人の関係性になってしまって、先生のポジションをとれない。

共感(自己開示)
権威性(実績)

どちらかではなくて、両方が必要だということを覚えておきましょう。

 

まとめ

一番最悪な自己紹介は何かというと、参加者に

「だから何なの・・・?」

と思わせてしまうこと。

 

これでは共感も権威性もなく信頼を得ることはできません。

そのしわ寄せは、満足度やバックエンド成約率にきます。

セミナーで信頼関係を構築したいのであれば、共感と権威性を意識して自己紹介をつくりましょう。

ギャップストーリーで信頼を獲得しよう!!


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です