ビジネスも恋愛もわずか1カ月で変わる最強の引き寄せ方法

『ビジネスと恋愛は似ている』とよく言われます。

実際の所、ビジネスでは顧客への察しと思いやりが必要ですし、そもそも顧客への愛がなければ短期的に稼げたとしても長期的には難しい。

自分の事ばかり考えていては恋人に愛想をつかされるように、ビジネスでは顧客にそっぽを向かれ、時として廃業にまで追い込まれるわけです。

これまで黒崎が出会った成功者には、ビジネスはさることながら恋愛上手な方が多く、話をしていると相手への気遣い、心配りが素晴らしい方ばかり。

ビジネスで成功されるのもうなずけますね。

ひでおみ
さて、今回は理想の顧客を引き寄せる、つまり集客についての話。

だけど全く論理的でないスピリチュアル的な集客の話をするよ

これまでの経験上、顧客を引き寄せるのも恋人を引き寄せるのもやり方は同じだということが分かりました。

ぶっちゃけ、正式な引き寄せの方法がなにかはよくわかりませんが、これからお伝えする方法を用いれば1~3か月で理想の顧客や恋人を引き寄せられることでしょう。

ビジネスも恋愛もまずは自分を知ること

ビジネスでも恋愛でも大事なことは、自分と徹底的に向き合うこと。

自分が何をしたいのか、本当は何を望んでいるのかなど、自分の本心と向き合い明確にしていくと引き寄せ度はグンと高くなります。

逆に曖昧にすると曖昧な結果しか生まれません。

ビジネスにおいても多くのコンサルタントが、

「理想の顧客を明確にしましょう」

というアドバイスをしますが、自分と向き合い理想の顧客が明確な場合と曖昧な場合、どちらが集客できるようになるかは自明ですね。

自分と向き合うのって時間かかるし、しんどいので先送りにしがちですが、自分と向き合わないと進展がないので先に済ましてしまいましょう。

付きあいたくない人から考える

理想の顧客を引き寄せたいのであれば、そもそも理想の顧客がどのような人なのかを明確にする必要があります。

そして、自分の理想をより明確にするためには、全く理想ではない、付き合いたくない、できれば一生目の前に現れてほしくない人を先に明確にするといいでしょう。

自分の付きあいたくない顧客を明確にすることで、理想の顧客が鮮明にイメージできるようになります。

ここで注意点ですが、

付き合いたくない顧客の事ばかり考えていると皮肉なことに付きあいたくない顧客ばかりを引き寄せてしまいます。

ですので、付きあいたくない顧客についてあまり長い時間考えず、理想の顧客の事を考える時間を増やすようにバランスを取るといいでしょう。

顧客の明確化だけでは終わらせない

さて、理想の顧客が明確化ができたとしましょう。

実は、これだけでは引き寄せない(引き寄せ力が弱い)というように感じています。

理想の顧客が決まってから考えることは、

理想の顧客と一緒にどのようなビジネスを作り上げていくか?

というストーリーです。

理想の顧客が明確化されただけの状態は、映画で言えば配役だけ決まって台本がない状態。

自分の理想の未来を引き寄せるためには、配役とストーリーの2つが必要になってきます。

理想の顧客とは、どうやって出会うのか?
どのような関係なのか?
もし自分の顧客ではなくなったとき、どのような関係になりたいのか?

など、自分の理想のストーリーを考えていきます。

  • 自分の理想の顧客
  • 自分の理想のストーリー

この2つが出来上がった時、運命のスイッチがパチンと入り、そのストーリー通りの人生がリアルで始まるのです。

まとめ

今回お伝えした理想の顧客を引き寄せる、集客方法は黒崎が実際に体験したことですが、科学的根拠は全くありません(笑)

メカブウ
根拠ないって。。。本当に使えるのかよ!
ひでおみ
根拠はないね^^

でもさ~俺はこの方法を使ったら、1カ月で少しずつセミナー参加者が増えて、3か月で客層の80%が理想の顧客で埋まったんだよね。

お蔭で売り上げが大幅アップですよ(*^^)v

メカブウ
マジで!
ひでおみ
さらに同じ方法を恋愛に用いたら、1カ月で彼女ができたからね(*^^)v

それまで理想の彼女は明確化してたんだけど全然彼女できなくて、ストーリーまで創っていったら即効だったよ(笑)

メカブウ
マジっすか!

ビジネスも恋愛もうまくいくって最強じゃないですか( ゚Д゚)

根拠なくてもいいっス!早速やってみるっス!

 

集客に関して様々な方法論があるけど、全く論理的でない目に見えない力を活用するのも一興ではないかと思います。

理想の顧客と理想のストーリーで未来をデザインしてみてください(*^▽^*)

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です