セミナー集客の男女比はタイトルで決まる

セミナーに男性しか集まらないタイトル

先月、セミナー集客実践会の年1回の特別合宿という事で、滝行に行って来た。

 10483190_10204117105669497_3667634339372685996_n

しかも、セミナービジネスに関するノウハウやスキルは一切学ばないという(笑)

 

ネタばらしをすれば、集客や営業、お金に関する心理ブロックを外すというのが目的。

心理ブロックを外した結果、ビジネスが好転するという事だね。

 

今回、参加者は全員が男性。

滝行というのは男性だけでなく女性もやる人が多く、割合としては女性の方が多い。

 

であれば、滝行合宿の割合も男女半々くらいになってもよさそうなものだが、男性しか参加しない。

 

その理由は、タイトルが男性向けだったからなんだ。

狙ったターゲットを集客できているか?

合宿に男性しか参加しなかったのは、実は狙い通り^^

ターゲットを男性に設定して、セミナータイトルをつくったわけ。

 

今回の合宿のタイトルは

「あなたの営業力を10倍にする滝行合宿」

 

このタイトルで男性が集まった。

心理ブロックを外す合宿なので、タイトルは別に営業力10倍じゃなくてもいいわけだ。

 

例えば、

「自然と一体化し本当のあなたを見つける滝行合宿」

 

もし、このタイトルだったら女性が増えていただろうね

 

同じ心理ブロックを外すセミナーにしても、ターゲットが男性か女性かでつけるタイトルが変わってくるんだ。

ターゲットを意識したセミナータイトル

お金を手に入れる方法

お金に愛される方法

 

女性が興味を引くのはどっちだろう?

 

恐らく多くの女性にヒットするのは、お金に愛される方法

 

集客力を高めたいのであれば、狙ったターゲットを狙った通りに集客できるようにしなければいけないんだよね。

 

そのためには、ターゲットを意識したセミナータイトルを作ることが重要で、男性ターゲットであれば男性ワード、女性ターゲットであれば女性ワードを使って、セミナータイトル、だけでなく本文も書いていく必要があるんだ。

男性ワードと女性ワード

ここで男性ワードと女性ワードについて、簡単に解説。

男性ワード

男性は基本的に認めてもらいたい願望が強い。

成功、獲得、成長、ゲット、VIP、カリスマ、リーダー、ナンバーワン、勝利、億万長者、チャレンジ など

女性ワード

女性は基本的に愛されたい、安心したい願望が強い。

愛される、自分らしさ、本当の自分、引き寄せる、つながる、見守られる、一緒に など

男女で響くワードが違うので、しっかりと使い分けられるようにしよう。

使用上の注意

注意としては、必ずしも男性だから男性ワードだけ使えばいいわけではないということ。

男性にも女性ワードにひかれる人はいるし、女性の中にも男性ワードにひかれる人もいる。

例えば、女性でも経営者であれば、男性ワードに響いたりするということ。

 

で、これだけは覚えておいてもらいたいんだけど、集客のそもそもの基本は、

ターゲットが使っているワードを使うということ。

 

狙ったターゲットを狙った通りに集客できるようになるには、ターゲットが使う言葉をそのままライティングするのが一番。

 

しかし、ターゲットにリサーチができなかったり、セグメントがざっくりしている場合もあるだろうから、そんな時は男女のワードはしっかりと使い分けよう。

これができると、男性ターゲットのセミナーなのに女性ばかり集まって、その後のバックエンドが売れなかったりもするなんてことはなくなってくるよ。

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です