バックエンド商品を成約させるフロントセミナー作り3つのポイント

値引きをしてもバックエンドが売れない

7年前の俺は、フロントセミナーでバックエンド商品が売れない講師の一人だった。

 

頑張ってフロントセミナーに人を集めたのに、セミナー自体は楽しんでもらえて満足度は高いのだが、肝心のバックエンドが売れない・・・

 

当時、2時間で3,000円のフロントセミナーを開催していて、10名呼んでも3万円。

 

当然ながらバックエンド商品が売れなければビジネスとして成立しない。

 

バックエンドが売れないので、値引きをしたり特典をつけてみたけど売れない・・・

 

もうどうしていいかわからなくて、

 

どうせフロントセミナーやっても赤字なんだからやらない方がいいのでは?

 

と思い、フロントセミナーをやらなくなった。

 

すると商品が何も売れなくなるという暗黒時期に突入・・・

 

そんな全く売り上げがない暗黒時期を脱出したのは、バックエンド成約できる人を観察した事がキッカケだったんだ。

 

バックエンド成約ができる人とできない人

俺はこれまでアンソニー・ロビンズやピーター・セージ、ロッキー・リャンなどの世界トップスピーカーのセミナーサポートをしてきた。

彼らは数時間の登壇で商品を売り、数千万~億を売上げる。

 

単価500万円の商品が売れていく、凄まじいセールス力も目の当たりに。

 

ぬぉぉ、スゲー!!

それに比べて俺は・・・

 

するとふとこんな疑問が湧いてきたんだ。

 

「フロントセミナーで高額セミナーが成約できる人とできない人の違いってなんだろう?」

 

それから違いを色々と探してみた。

 

バックエンド商品が売れないのは、

 

やっぱり実績が少ないから

プレゼンテーションが下手だから

コンテンツの質が低い

自分の売りがないから

 

ではないらしい。

 

そもそも上記のことをクリアするのって、セミナービジネスやっている以上当たり前のことで、ここで他者との差が生まれるとはあまり思えない。


プレゼンテー
ションが上手くても売れない人は売れないし、コンテンツの質が高くても売れない人は売れない

 

これが現実だ。

 

さらに違いを探っていくにつれ、

フロントセミナーで高額セミナーを成約させるカギは、フロントセミナーのつくり方そのものにあることが分かった。

 

そして、フロントセミナー作りには3つのポイントがあるんだ。

 

フロントセミナー作りの3ポイント

ポイント1:信頼関係を構築する

ビジネスでは顧客との信頼関係がキモとなる。

これはもちろんセミナービジネスも同じ。

フロントセミナーは顧客と初めて対面する場所なので、まずは十分に時間をかけて信頼関係を構築していく必要がある。

2時間のフロントセミナーでは、1時間くらいかけて、じっくり信頼関係を構築していくようにしよう。

1つでは不十分!フロントセミナーで構築すべき4つの信頼関係とは?

2014.08.09

ポイント2:参加者を教育する

いわゆる顧客教育がフロントセミナーでも必要だ。

これは単に、参加者の問題を解決するノウハウや情報を提供をすればいいってものではない。

参加者に可能性を見せ、望む未来への一歩をふみ出させるマインドの教育も併せて行うのだ。

スキルとマインド、両方の教育を含めてフロントセミナーを作っていこう。

 

ポイント3:世界観を演出する

実はポイント3が非常に重要。

人はコンテンツや実績ではファンにはならない。

 

人は世界観に惹きこまれるのだ!!

 

アンソニー・ロビンズのセミナーなんかは、まさにこれ!

 

セミナー会場にダンスミュージックが大音量で流れ、5000人のダンスホールと化す。

 

アンソニー・ロビンズの実績もコンテンツも素晴らしいが、多くの参加者は人となりも含め、あの世界観のファンになっているのである。

世界観のないセミナーがどれだけ退屈かは、ご存知の通り。

 

講師のキャラクター、椅子や机の配置、照明、音響、スタッフ、パワポなど、あらゆるもので世界観を表現していこう。

セミナー会場の扉の内側をディズニーランドにしてやるぜ!!

くらいの勢いでOKだ!!

まとめ

フロントセミナー自体を見直したら、自然とバックエンド商品が売れるようになった。

 

当然ながら、魅力のあるオファーを作ることも重要だけど、フロントセミナー作りも見直すとさらに良い結果が出るので、是非、試してほしい。

 

フロントセミナー作り 3つのポイント

ポイント1:信頼関係を構築する
ポイント2:参加者を教育する
ポイント3:世界観を演出する

セミナーは大人の教育エンターテイメント!

フロントセミナーの3つのポイントを押さえ、特に「世界観を演出」して、参加者を魅了していこう!!

1つでは不十分!フロントセミナーで構築すべき4つの信頼関係とは?

2014.08.09