ハーブ・エッカーの世界一エゲツないハードセルから学ぶセールスマインド

ハーブ・エッカーという人がいます。

Harv-MindOld-Wide-web-1024x512

画像引用:Lifehack

日本でも『ミリオネアマインド』という本が出ているので、ご存知かもしれないですね。

ハーブ・エッカーのスピーチを俺が初めて見たのは、2007年にシンガポールで参加したイベント。

いやぁ~、凄いインパクトでしたよ^^

何が凄いって、ハードセルが凄すぎて(笑)

これでもかという位、聴衆の感情を煽りまくり、バックエンド商品の購入に導きます。

 

セールスのテクニックに『Yesをとる』という方法があります。

相手にイエスと言わせ続け、「購入しますか?」の質問にも「Yes」と言わせて購入に導くのですが、まぁ、ハーブ・エッカーはこれがエゲツなくて^^

なんてったって、「No」という選択肢がありません(笑)

 

はーぶ
あなたは成功したい?
Yes or No?
おーでぃえんす
Yes!
はーぶ
あなたはお金が欲しい?
Yes or No?
おーでぃえんす
Yes!
はーぶ
あなたは幸せになりたい?
Yes or No?
おーでぃえんす
Yes!
はーぶ
あなたは私のセミナーで成功者になることに興味がある?
Yes or Yes
おーでぃえんす
Yes!
はーぶ
あなたは私のセミナーに参加して成功者になりたい
Yes or Yes
おーでぃえんす
Yes!
はーぶ
あなたは私のセミナーに参加する
Yes or Yes
おーでぃえんす
Yes!

 

こんな具合に途中から、Noの選択肢がなくなるんですよね(笑)

Yes or  Yes? って。。。Yesしかない。。。

 

そんな感じで参加者の感情を煽り、バックエンド商品を売るハーブ・エッカー。

確か90分の登壇予定だった気がするんだけど、最初の60分をセミナー、それから30分セールス。

そして30分延長してさらに30分セールス( ゚Д゚)

計60分間感情煽りまくりのハードセル。。。

長いし、もうゲンナリですよ。。。

その証拠に退出する人が続出です(苦笑)

 

さ・ら・に

追い打ちをかけるように、ハードセルに辟易して会場を後にする人たちを指さして、

はーぶ
ほら見て。
今出ていこうとする人たちは、成功できない人たちだよ。
あなたは成功したいよね
Yes or Yes

な?エゲツないでしょ?(笑)

ムカついて会場を出てっちゃう人も沢山いるんだけど、不思議なことに購入する人も増えていくんだよね。

 

でも、なんであんなに感情を煽ったハードセルなのに売れるんだろう?

って考えると、その理由は、ハーブ・エッカーが

・参加者を成功させたいという想い
・自分の商品における絶対的自信

の2つが強いからだと思うんだ。

 

ハードセルってさ、一般的には敬遠されがちだけど、実は、なかなか一歩を踏み出せない、行動ができない人の背中を押すことが出来るんだよね。

単にバックエンドが売れるからやっているのではなくて、参加者が幸せになるために行動させるためには、多少キツいことも言って、ケツを叩かなければいけない場面もある。

 

ハーブ・エッカーのハードセルはマジでエゲつないんだけど、しっかりと参加者の背中を押しているし、その前提として、参加者を成功させたいという想いと自分の商品における絶対的自信があるから、それだけのハードセルができるんだ、

って感じるんだよなぁ。

 

じゃないと、会場から出ていない人たちを指さして、「成功できない人たち」なんて、そうそう言えるもんじゃない。

言われた方は、ハーブのことが嫌いになり、生涯彼の商品を買わないかもしれない。

バックエンドを売って、売上を伸ばしたいだけなら、自分でみすみす顧客を逃しすようなことはしない方が賢明だよね?

でも、彼は一部の顧客を逃すことを覚悟のうえで、一歩を踏み出そうとしている人の背中を押し続けてるんだ。

 

セミナー業界を見回すと、自分の商品の自信のなさを誤魔化すかのように、感情を煽って商品をなんとか売ろうとする人を見かける。

でも、本来のハードセルは、自分の商品への自信のなさを勢いで誤魔化して売上げるためのテクニックではなく、参加者の背中を押し成功してもらうための一歩を踏み出させる手段の1つだと思うんだ。

そして、ハードセルをするにしろしないにしろ、セールスには参加者への愛情と商品への絶対的自信が必要。

そんなことを世界一エゲツないハードセルをするハーブ・エッカーから教わったのでした^^

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です