参加者に「あなただから出来たんでしょ」 と言わせない方法とは?

フロントセミナーでは、

「あなただから出来たんでしょ」

と参加者に言わせないようにすることが重要です。

 

「これは素晴らしい方法(コンテンツ)だと思うんですけどね。

あなただから出来たのではないですか?」

とそう感じる参加者が少なからず出てくるわけです。

 

これまでの経験として、

「あなただから出来たんでしょ」

の心理的背景には、

「私には使いこなす自信がありません」

という自信のなさがあるように感じます。

 

結局のところ、

「その本講座に参加したとして、 本当に私にできるのかしら? 成果があげられるのかしら?」

という不安があるんですね。

 

不安があるままでは、バックエンド商品は売れないので、

「あなただから出来たんでしょ」

から

「私にもできそうだ!」

という心理状態にフロントセミナーで変化させていきます。

 

方法は2つ。

1つ目は、講師の自己開示。

「私も以前は、今のあなたと同じ、いや、もっとひどかったんですよ。

私にできたんだから、あなたにもできますよ」

をキチンと伝えること。

 

自己開示をすることで、

「あっ、この人も昔は私と同じだったんだ」

と、自分にもできるかもという可能性を感じさせます。

実績ばかり並べ立てるだけでは、可能性を感じさせるのはなかなか難しいですからね。

自己紹介の時に自己開示をすると、信頼性が高まるだけでなく、「あなただから出来たんでしょ」を減らすことが出来ます。

 

2つ目は、ワークによる成功体験 

「私にもできそうだ!」と感じさせるには、成功体験をしてもらうことが最も早いです。

どんなわずかのことでもいいので、ワークによって、

『できないと思っていたことができた』

という経験をつくりましょう。

 

ここで注意点ですが、成功体験をさせ過ぎて、

「もう自分一人でできる」

と勘違いさせないように。

こう感じさせてもバックエンドが売れなくなってしまいます(苦笑)

 

フロントセミナーでバックエンドを売るためには、 参加者から「あなただからできたんでしょ」を取り除くことです。

・講師の自己開示
・成功体験をさせる

で参加者に可能性を感じさせ、バックエンドに導いていきましょう。

 

開始5分で決まる!参加者の信頼を獲得する冒頭あいさつ

2014.08.07

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です