初めての方へ

 はじめまして

 セミナービジネス実践会 代表 黒崎英臣(くろさきひでおみ)です。
(詳しいプロフィールはコチラから)

 当実践会は、「プロ講師になりたい」という私の友人に、セミナー講師になる方法を教える勉強会として、2011年にスタート。

 これまでセミナー講師、コーチ、コンサルタント、セラピスト、ヒーラー、保険販売員、不動産営業担当、税理士、行政書士、スタイリスト、デザイナー、スポーツトレーナーなど多業種の方がご参加、さらには出版をされている方、年商6億を超える経営者、業界著名人の方などにもご参加いただける会へと成長してきました。 

 現在は、海外の超一流スピーカー達から学んだセミナー事業の成功原理をお伝えし、セミナーセールスという観点からセミナー事業経営の支援をしています。

 最近は、セミナー事業に参入する個人・法人が非常に増えてきました。8年前に比べ、セミナールームも増え、SNSを覗くと毎日何かしらのセミナーの案内を目にします。空前のセミナーブームと言っても過言ではないでしょう。

 そんなセミナー熱とは裏腹に、セミナーを開催しても全く売り上げが上がらず、撤退していく方が多いという実態があります。素晴らしい情報、知識、コンテンツを持っているにも関わらず、その方法を知らないばかりに撤退してしまうのは、本当にモッタイナイこと。そうのような状態を打破するツールとして当実践会をご活用して頂ければと思います。

 まずは当実践会の考え、そして事業への想いをご理解いただきたいので、どうか最後までお付き合いください。

なぜ、セミナーセールスなのか?

 セミナー事業を発展させるためには、集客がキモであるという方もいます。

 しかし、私が今から7年ほど前にスタッフとして参加したセミナーでは、200名集客したにも拘らず、『申込者ゼロ』という信じられない結果を目の当たりにしました。確かに70万円という高額な商品を販売したというのもありますが、それでも無料相談にも2名しか申し込みがないというのは、それまでにかけた労力とコストを考えると、悲劇としか言いようがありません。

 実は、セミナー集客はできるようになったのに、肝心の本命商品が売れないという方は少なくありません。先の例のようなことは、頻繁に起きているのが現状で、年収1億円を超えるコンサルタントやメルマガ読者2万部を超える著者でさえ、セミナーセールスに不安を抱え、相談にいらっしゃる状態です。

 どんなにセミナー集客が出来たとしても、肝心の本命商品を売ることが出来なければセミナー事業は成り立たちません。

 そのため、セミナービジネス実践会では、セミナーセールスを重点を置いているのです。

 

セミナービジネス実践会が選ばれている4つの理由

理由その1:海外の超一流スピーカー達が密かに活用しているメカニズム

 当実践会でお伝えしているのは、海外の超一流スピーカー達が密かに活用しているセミナーセールスのメカニズムです。

 私はこれまで8年にわたり、世界ナンバーワンコーチのアンソニー・ロビンズ氏や世界的実業家のピーター・セージ氏、中国の大富豪ロッキー・リャン氏、ウェルスダイナミクスの創始者ロジャー・ハミルトン氏など世界トップスピーカーをはじめ、国内外合わせて300以上のセミナー運営に関わってきました。

 彼らは数時間のセミナーセールスで数億円分を売上げます。が、その秘密は、決してプレゼンテーションの秀逸さだけではありません。ストーリーの組み立てや椅子の配置など、実に細部にわたって緻密に計算しセミナーを構築しているのです。

 私はこうしたセミナーセールスのメカニズムを、海外の超一流スピーカーのセミナーを、彼らと現場で一緒につくっていく中で叩き込まれてきました。

 最近はセミナーセールスについて指導する方が増えてきました。しかし、私のように世界トップスピーカー達のセミナーの裏方として、実践の現場でトレーニングを受けて教えている人は、他に見つけることが出来ません。

support_01

理由その2:個人の成果を最大化するコンテンツ

 海外の超一流スピーカー達から学んだセミナーセールス法は、非常に強力な方法です。とはいえ、そのまま使用したのでは少人数では使いにくかったり、日本人に対しては効果が出にくいものもあります。

 そのため私は、講師1人でも使いやすく同じ効果が出るよう、日本人向けに8年かけて体系化しなおしました。

 その結果、個人でも海外の超一流スピーカー達と同じような効果が短期間で出すことが出来るコンテンツが生まれました。

 このコンテンツによって、誰でもわずか1回のフロントセミナーで、30万円~150万円のバックエンド講座が参加者の40%に売れるようになり、成果を最大化することが出来ます。

理由その3:条件に左右されない安定した結果が出る

 当実践会では、即効性のあるテクニックはほとんどお伝えしていません。というのも、テクニックの本質を知り、そのメカニズムを知らなければ、どんなに即効性のあるテクニックを学んでも使いこなせず、流行りのテクニックに振り回されて、結局お金と時間を無駄にするだけになってしまう場合が少なくないからです。

 テクニックには流行り廃りがあります。が、そのテクニックが生み出されたメカニズムを学べば、 例えば感情を煽るセールストークや値引き、特典などの即効性のあるテクニックに頼らずとも、しっかりと成果を出すことが出来ます。

 また、「少人数でなければ成果が出ない」「ある業種にしか活用できない」などといった特定の条件下での成果ではなく、状況、環境、業種に左右されることなく、一定の成約率、安定した結果を出せるようになります。

理由その4:再現性、応用性が高い

 お伝えしているのは、独自で編み出した方法ではありません。もともと世界の超一流スピーカー達が活用しているセミナーセールスのメカニズムをさらに精度を高め改善していますから、そもそもの再現性と応用性は非常に高いものとなります。

 これまで、コンサルタント、士業、セラピスト、保険、株式投資、金融投資、セミナープロデューサー、動画マーケッター、治療院、不動産、リフォーム、町おこし、ポスティング、美容院、ITソフトウェア、学習塾など様々な業種の方がセミナーセールスのメカニズムを学び、

  • セミナーの翌日に、36万円の講座に申し込みがありました!
  • 30分のスピーチで50万円分の商品が売れました!
  • 2日間で1500万円分のバックエンドが売れました!
  • 初めてのセミナーで150万円の講座を3件成約できました!
  • バックエンド成約率が60%を超えました!
  • 30万円の商品が1回のフロントセミナーで22件申し込みがありました!

といった嬉しい成果を出すことに成功しています。

業種が変わったとしても、同じ結果を再現できるセミナーセールス法をお伝えしています。

 

セミナービジネス実践会のこだわり

こだわり1:他にはないオリジナリティを表現する

 どこかで聞いたことがある、他でも受講できるようなセミナーではなく、御社しか出来ないオリジナリティあふれる唯一無二のセミナーを一緒に作っていきます。

こだわり2:価値を最大化する

 当実践会では、価値を安売りすることを善しとしません。御社がまだ気が付いていない価値を引き出し、最大化。どこよりも高単価な商品を作成・販売するお手伝いをしています。

こだわり3:なによりも実践重視

 セミナービジネス実践会という名のとおり、実践を重視しています。
机上の空論ではなく、実践で効果のあった方法や考え方、また、実践しやすいコンテンツをしています。

 また、自社セミナーでは、インプットだけではなくアウトプット、フィードバックにも力を入れ、参加者の実践力を磨き、望む成果がでるサポートをしています。

10628333_617016948420454_9130205898176656596_n
1615041_466955243426626_456193963_n
sbj2

 

セミナービジネス実践会の社会的役割

 最近は、セミナーを営業ツールとして活用する企業が増えてきました。

 これまではコンサルタント、士業、セラピスト、保険、株式投資、金融投資などのセミナーが目立っていましたが、最近は業種が多様化し、スマホアプリ、治療院、エステサロン、不動産、リフォーム、墓地、葬儀など様々な業種がセミナーを開催し、見込み客を集め、顧客獲得をするようになってきています。テレビでもセミナー開催の案内をするようになってきたほど、セミナーが一般的になってきたのです。

 こうしてセミナーが情報提供という役割だけでなく、顧客獲得という営業の役割を持ち始めたことを考えると、セミナービジネス実践会の役割は、これまでのように限られた業種の『セミナー事業支援』だけでは納まらず、『企業の営業力向上を支援をし、会社経営を改善していくこと』が我々の新たな社会的役割なのだと感じています。

 

セミナービジネス実践会が目指す世界

 セミナービジネス実践会は、国連が発表しているSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

 SDGsには、我々の地球をより良いモノにするための17の目標と169のターゲットが記されており、SDGsに取り組む企業も増え、単に自分の周囲だけが幸せになるのではなく、世界規模で幸せになる道を探し進んでいく、そのような時代に差し掛かっているのではないかと感じています。

SDGsについての詳細はコチラをご参照ください。⇒ SDGs

 

 

 このSDGsの17の開発目標のうち、当実践会が取り組んでいるのは、

目標1:あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
目標4:すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

 

 当実践会が活動を通じて目指すのは、「子供が安心して学べる世界」です。つまりそれは、「子供たちの学ぶ権利を守り、環境を作ること」

 現在、日本では貧困のために勉強がしたくても満足に勉強ができない、進学したくても進学ができない子供たちがいます。そして、世界を見渡すと貧困のために学ぶどころか食べるのも精一杯でゴミを拾って生計を立てている子供もいます。さらに世界のある地域では、ペンの代わりに銃を渡され、人を救うことではなく人を殺すことを教えられている子供たちさえいます。

 

 これからの未来をつくっていく子供たちが学ぶことが許されない状況にある。

その様な現実が存在し、世界規模でこの問題が起こっている。

この問題を解決し、子供たちに安心して学べる環境を作るためには、まずは大人の我々が取り組んでいかなければいけない、そう感じるのです。

 

 では、そうした世界的問題に対し、セミナービジネス実践会で何ができるのか?

ということを考えていくと、まずは会社倒産による貧困によって、関係者の子供たちが学習する、進学する機会が損なわれないようにすることが、最初の取り組みとしてできることだと思います。

 企業のセールス力向上を通じて経営支援をし、経営の発展及び倒産の回避をすることにより、

「親の会社が倒産して勉強どころではなくなった」
「進学のために未成年で多額の借金をした」
「学費のためにやむなく風俗で働かざるを得なくなった」

といった状況を少しでも改善していくキッカケとなればと考えています。

 

 こうした想いも重ね合わせ、SDGsの開発目標である

目標1:あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
目標4:すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

の実現について、まずはできることから当実践会は進めていきます。

 こうした活動がやがて、「子供が安心して学べる世界」へとつながり、地球をより良くすることになれば、それは本当に幸せなことです。

セミナービジネス実践会 代表
name_s