多くの人を幸せにする前にまずは自分を幸せにする

コンサルをしていると、

「多くの人を幸せにしたいんです」

という方がいます。

そして、こういう方に限って、ビジネスが上手くいっていません(苦笑)

というのも、ターゲットを絞ることができないからです。

より多くの人を幸せにしたいという気持ちが強くて、ターゲットを絞るとそれができなのではないかと感じているんですね。

 

「多くの人を幸せにしたい!」

その気持ちは素晴らしいと思いますが、それによってターゲットが絞れず、自分が幸せになっていなのでは本末転倒。

多くの人を幸せにするためには、まずは目の前のたった1人を幸せにできなければいけません。

 

では、その目の前の1人は誰か?

それは、顧客ではありません。

鏡に映る自分自身です。

自分自身が幸せにすることが、結果として多くの人を幸せにすることに繋がっていきます。

一足飛びに多くの人を幸せになんてできません。

 

『理想の顧客を明確にしましょう』

こうした言葉には、マーケティングを学んでいるとすぐに出会うことができます。

僕は、理想の顧客の明確化は、自分が幸せになるビジネスを作る入口だと捉えています。

自分の理想を真剣に考えない人は、

自分の幸せについて向き合っていないのと同義

であるとさえ、僕は考えています。

自分の幸せに真剣に向き合っていないのだから、商品が売れて幸せになるなんてことから遠ざかるのは当たり前ですね。

 

多くの人を幸せにする前にやるべきことがあります。

それは、自分自身と向き合い、徹底的に自分の幸せについて考えること。

そして、理想の顧客像を明確にすることです。

自分と向き合うって苦しみを伴う場合もあるし、時間もかかります。

しかし、それだけの見返りは享受することができます。

そして、それができるからこそ、多くの人を幸せにすることができるということを覚えておきましょう。

自分の人生、幸せからいつまでも逃げていてはいけません。

リーダーシップは、常に自分から始まりますからね。

まずは自分を幸せにすること。

 

僕は、そう感じています。


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です