フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その1

どーも、
セミナー集客実践会 黒崎です。

今回のテーマは、フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その1

blog20
フロントセミナーセミナークロージングを成功させ、高額セミナーを成約に導くためには、どんなフロントセミナーを開催するのか、つまり企画が重要。

なので、これから3回に分けてフロントセミナー企画の3つのパターンを書いていくので楽しんでいってほしい!!

早速いくぞ。

1つ目は、1番オーソドックスなパターン。

パターン1:お試し型

フロントセミナーを高額セミナーのお試し版として開催するパターン。

分かりやすくいうと、

○○講座 1日集中コース

「○○講座のエッセンスをギュッとワンデーセミナーに詰め込みました!!」

的なセミナーがお試し型。

フロントセミナーのタイトルが何にせよ、中身自体をバックエンド商品である高額セミナーのお試し版として作成するのがこのパターン。

ほんとオーソドックスなパターンだし、やっている人も多い。

で、このパターンで高額セミナーが売れない、バックエンド商品が売れない人も多いんだなぁ、これが。

なぜか?

お試し版を徹底していないから。

もう少し言えば、フロントセミナーが高額セミナーのお試し版だという事を忘れてしまい、高額セミナーの内容まで話してしまうから。

もしくは、参加者の問題を解決し過ぎてしまうから。

過去の記事も参考にしてみて。
  ↓↓↓↓

『フロントセミナーでは満足させるな!』のウソ・ホント

お試し型フロントセミナーで、お試しの枠を超え

・コンテンツを出し過ぎる
・問題を解決し過ぎる

のはビジネス的にアウト!!


ほんと、この失敗をやらかしてしまっている人が、なんと多い事か・・・

サービス精神旺盛なのはいいけど、自分の首を締めないように気をつけてな。

逆にそれさえできれば、今のままパターンを変えなくても成約率はアップするんだ。

お試し型フロントセミナーは基本中の基本だが、ハッキリ言ってお試し型をマスターした講師は最強の武器を手に入れたも同然!!

なので、まずは基本のお試し型、ガッチリとマスターしておくといいぞ。

高額セミナーの成約率を高めるフロントセミナー企画3つのパターン 
残り2つもお楽しみに!!

今回の一言:基本を制する者が最強!!