フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その2

どーも、
セミナー集客実践会 黒崎です。

今回のテーマは、フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その2

blog21

1つ目は1番オーソドックスなパターンという事で、

パターン1:お試し型

を伝えたので今回は2つ目のパターンにいくぞ!!

前回の記事はココ!!
↓↓↓↓

フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その1

で、2つ目のパターン。

パターン2:完結型

1回完結型は、1回のセミナーでテーマに関する参加者の問題を解決してしまうのが特徴。

「いや待て!

フロントセミナーでは解決し過ぎるなって、お前散々言ってきたんじゃないのか?

お前は今までウソを書いてきたのか?」

そう叫びたくなるかもしれないが、ここでもう少し正確に書いておくと

お試し型フロントセミナーでは、参加者の問題は解決しすぎるな!!

という事だ。

お試し型とは性質の異なる1回完結型では、ガッチリ参加者の問題を解決してあげてほしい。

さて、完結型フロントセミナーについて、もう少し詳しく書こうか。

完結型フロントエンドセミナーは、フロントセミナーで1つの問題を解決し、その問題を解決した時に発生する新たな問題の解決策をバックエンドとして売る方法だ。

分かりやすく恋愛系セミナーの例をあげよう。

「気になる女性の同僚をデートに誘う方法」

というフロントセミナーがあったとしよう。

そこでは

・どうやって女性同僚と連絡先の交換ができるのか?
・どうやって親交を深め、デートに誘いだすことができるのか?

について徹底的に話すわけだ。

セミナー終了時に参加者が

「よし、これで、あいつをデートに誘えるぞ!!」

って興奮している時に、新たな問題を提起する。

たとえば・・・

「これで、みなさんは気になる女性をデートに誘う事ができますね。

でも、ここで新たな問題が発生するんです。

それは・・・

実際のデートで幻滅されてしまう事・・・

ファッション、デートコース、盛り上がる会話のスキルを磨いていかないとせっかくデートに誘っても水の泡となるでしょう。

せっかくデートができるのだから楽しい時間を過ごして、さらに自分の彼女にしたいですよね?

ですので、今回みなさんのデートスキルを磨きあげる講座を用意しました」

といった感じ。

「気になる女性をデートに誘えない」

という問題を解決したあとに発生する

「実際のデートがつまらなくて幻滅させてしまうのでは・・・」

という問題を提起するというのが、パターン2:完結型の例。

フロントセミナーで売る商品によっては、パターン2の方が売りやすかったりするので、お試し型がどうもうまくいかない場合は試してみるといいぞ!!

高額セミナーの成約率を高めるフロントセミナー企画3つのパターン 
残り1つ、楽しみにしていてくれ!!

今回の一言:新たな問題提起で活路を開け!!