フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その3

どーも、
セミナー集客実践会 黒崎です。

今回のテーマは、フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その3

blog22

 

パターン1:お試し型
パターン2:完結型

を伝えたので今回は3つ目のパターンにいくぞ!!

前回の記事も参考にしてくれ!!
↓↓↓↓

フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その1

フロントセミナー企画3つのパターンで高額セミナー成約率を高める その2

で、いよいよ3つ目のパターンは、

パターン3:ステルス型

ステルス型フロントセミナーは、表面的な問題の奥に潜む問題を提起するセミナー。

例えば、「ビジネスで成功できない9つの理由」という内容のフロントセミナーがあるとしよう。

当然ながらセミナーではビジネスで成功できない9つの理由を話すわけだけど、その理由の一つに骨盤が歪んでいる点を入れておき興味を持たせる。

そして、ビジネスで成功しない原因が骨盤のゆがみであることを根拠を持って参加者に教育していき、バックエンドで骨盤矯正施術を販売。

というのがステルス型フロントセミナー。


「自分が上手くいっていない原因が、まさか全く関係ない○○だったとは・・・」

っていう一見関係性が無いものをつなぎ合わせて、根拠をもって教えてあげるのがステルス型。

今ではマインドブロック系は単体で売れるようになってきたけど、少し前はステルス型。

お金が欲しくても入って来ない・・・

それはあなたの潜在意識が、お金を受け取ることを拒否しているからです。

お金が入って来ない本当の原因は、お金が入って来ないマインドになっているからなんです!!

こういったトーク、聞いたことあるだろ?(笑)

ステルス型フロントセミナーは色々と組み合わせることができるので、新しい顧客を獲得したい場合とかに試してみるといいぞ!!

高額セミナーの成約率を高めるフロントセミナー企画3つのパターン 

パターン1:お試し型
パターン2:完結型

パターン3:ステルス型

は以上になる。

フロントセミナーで何を売るのかによって、使い分けて色々と試してもらいたい。

是非とも3つのパターンを基本に実践と改善を繰り返し、自分の必勝パターンを編み出してくれ!!

今回の一言:無関係に関係を持たせ、価値を生み出せ!!

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です