知っておきたい!講演会の集客ストレスを減らす方法

フロントセミナーとは異なる講演会集客

以前、とある講演会の主催者の方に集客について相談がありました。

『参加費一律1万円で100席を埋めたいんですけど集客をどうしたらいいですか?』

 

 

講演会ですからある程度人数がいないと、とてもとても寂しい感じになってしまいます(苦笑)

人数が埋まっているように見せるテクニックなんてのもあるんだけど、ここはやっぱり目標とする人数を集めたいところ。

講演会や単発セミナーはフロントセミナーとは目的が違うので、当然ながら集客もセミナーの内容自体も異なります。

 

では、どうやって講演会を満席にするのでしょうか?

 

講演会を満席にするもっとも簡単な方法

実は会場を満席にする方法は、すっごく簡単です。だって

 

 

 

全員招待すればいいだけですから^^

 

 

これで集客に関するストレスは解消です(笑)

 

しかし、同時に別のストレスが発生します。

 

そう、売り上げ。

 

100名の講演会に全員招待してしまったら、大赤字・・・

 

ビジネスとして講演会をやるのであれば、せめて収支トントンで終わらせたいところ。

 

ということで、ここで売り上げに関するストレスも解消していきましょう。

 

コストをどうやって回収するか?

講演会でまず最初にやることは、コスト計算。

 

コストが明確になったら、

どうやって講演会のコストを回収するのか?

を考えるわけです。

 

ここで重要な考え方は、

『参加者の15~20%でコストを回収する』

ということ。

 

今回の講演会であれば、定員100名。

そしてコストには70万円ほどかかっている。

ということは、15~20人で70万円を回収することを考えていきましょう。

 

コストを回収する簡単な方法

参加者の15~20%でコストを回収する最も簡単でよく使われる方法は、

座席にグレードを設けること。

 

高額なグレードを作り、特典も付けて販売するのは、非常に簡単だし効果がすぐに出る方法。

 

今回の件を例にあげれば、

5万円の席を用意し、たった14名にだけ販売すればコストは回収できます。

100名から14名を引いた86名全員を招待にしたとしても収支はトントン^^

 

もし全席1万円だとすれば、71名に販売してようやく黒字ですが、

5万円の席を用意すれば、15名で黒字です。

 

これで集客のストレスも売り上げのストレスも軽減することができます。

 

さらに嬉しいことに、座席にグレードを設けた場合、高い席から順に売切れていくのです。

 

なぜ高い席から売れるかはこちらを参照してください
VIP席が真っ先に完売!参加者満足度の8割は○○で決まる

 

ただし、オファーがひどいともちろん売れないので、そこは注意してくださいね。

 

まとめ

講演会はフロントセミナーとは異なり、基本的にバックエンド商品を売ることはないので、その日にコスト回収できなければ二度と回収するチャンスはないと思っていたほうが無難です。

 

そして、講演会に集客できなそうだからと言って、むやみに金額を下げるのは得策ではありません

 

金額を下げるときも、しっかりコスト回収を意識し戦略の一環として行うようにしましょう。

講演会では、真っ先に20%の参加者を対象に席を販売してしまうと、もっとリラックスして集客ができますよ。

VIP席が真っ先に完売!参加者満足度の8割は○○で決まる

2015.07.07
mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です