セミナー満足度の本質は問題解決以外にある

今回は、セミナー満足度の本質は問題解決以外にあるという話し

 

前回の記事に書いたように、フロントセミナーにおいて、問題解決だけで参加者の満足度を高めるのは大間違い。

前回の記事はコチラ

↓↓↓↓

『フロントセミナーでは満足させるな!』のウソ・ホント

なので、問題解決以外の要素で満足度を高めなていく必要があるよな。

ここでちょっと考えてもらいたい。

1人1泊40,000円の高級ホテルがある。

果たして、部屋と風呂、料理を提供するだけで宿泊客は40,000円の価値を感じるだろうか?

答えはノー!!

宿泊客は部屋、温泉、料理以外に、宿泊費40,000円に見合った極上のおもてなしを期待していて、当然ながら宿も極上のおもてなしを提供している。

だからこその1泊40,000円。

極上の部屋、極上の温泉、極上の料理は出るけど、従業員が横柄で態度が悪く、話しかけてもろくに返事もしない宿

一方、それなりの部屋、それなりの温泉、それなりの料理だが、愛想よく、楽しい会話ができ、きめ細やかな気配りと親切丁寧な心配りができる宿

どっちが40,000円はらって宿泊して良かったと思えるか?

恐らく多くの人が極上のおもてなしを受けられる宿の方が良かったと感じるじゃないかな。

けっして部屋と風呂、料理の質が良ければ、満足させることができるわけではないんだ。

では、セミナービジネスに戻ってみようか。

セミナービジネスでは、顧客の問題を解決するコンテンツのみで参加費の価値を感じてもらえるか?

もう分かると思うけど、答えはノー!!


様々な上質な情報がネットですぐに手に入る現在、コンテンツだけではもう価値はそれほど生まれないし、満足されなくなってきている。

そして、セミナービジネスもセミナーだから、サービスやホスピタリティが当然必要なんだ。

俺のセミナーの中で、過去のセミナーの満足した点・不満を感じた点を挙げるワークを何度かしたことがある。

毎回8割くらいは問題解決以外の部分に満足し、不満を感じてるという結果になるんだ。

実際にやってみると分かるけど、

・スタッフの対応がよかった
・レジュメがあってよかった
・他の参加者と意見交換ができてよかった
・会場が駅から近くてよかった

などで満足しているのが分かる。

ハッキリ言って、スタッフの対応が良くても、会場が駅から近くても、参加者の問題は解決しない(笑)

参加者の満足度は、問題解決そのものにはなく、サービス・ホスピタリティの質に大きく左右されるんだ。

参加者の満足度を高めたいときは、問題の解決ではなく、極上のおもてなしを考えてみるといいぞ。

今回の一言:参加者満足度は、極上のおもてなしにあり!


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です