NAC登壇するためにコレだけは絶対必要!

昨年、シンガポールのNACに9年ぶりに参加してきたんだけど、

ぶっちゃけた話、

「登壇はそれほど遠くないな」

と感じたのでした^^

 

9年前に参加した時は、まだ内装屋さんでセミナー講師になろうとすら思っていなかったから、その距離は小学生がメジャーリーグを夢見るくらい、果てしなく遠く感じたけど、さすがに9年間セミナー業界にドップリ浸かってきただけあって、方法はまだわからないもののそこまで遠くないって感じたんですよ。

 

恐らくですが、急に3000人の前で話せと言われても、参加者の満足するセミナーをすることは出来る自信はあります。

手前味噌ですが、この9年間でそれだけの実力はつけてきたつもりです。

 

しかし、今、リチャード・タンが直々にNAC登壇を依頼してきても、俺は登壇を断るでしょう。

 

なぜなら、俺には登壇に絶対必要なものが見つかっていないからです。

これがなければ登壇したところで、俺の目指す最高の時間にはならないでしょう。

 

現在の俺にないNAC登壇に絶対必要なものとは何か?

 

 

NACに登壇する権利です。

 

 

セミナーで自己紹介をする際には、

『人前に立って話すことが出来る権利』

を述べる必要があります。

 

これがあるからこそ、聴衆と一体感のあるセミナーにすることが出来ます。

 

現時点の俺には、

NACのステージ上で人前で話す権利が見つかっていない

ということです。残念ながら。

 

どんなにリチャードがオススメしても、他のスピーカー、参加者、スタッフが納得する権利を示すことが出来なければ意味がありません。
 
「あの人は登壇するにふさわしい人だ!」

と全員に納得してもらえてこそ、最高のステージは出来上がりますからね。

 

NACに登壇する権利

それは、既に持っているものなのか?

それともこれから作るものなのかは分かりませんが、これからその権利を見つけていこうと思います。

 

この権利が見えたとき、NAC登壇は現実になっていく気がします^^


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です