NAC登壇の時間と空間を日本にする

NACの登壇時間は、確か90分です。

僕はこの90分を他のスピーカーには出来ない異空間にしたいと思っています。

その時間と空間を『日本』にしてしまおうかと。

 

話の内容は何になるかわかりません。

しかし、その内容が自己啓発にしろビジネスであるにしろ、そのわずが90分だけでも、話を聞いている3000人もの外国人が、日本でセミナーを聞いているじゃないかというような錯覚を起こせたら、その会場が異空間になったと言ってもいいでしょう。

 

僕はもっと世界に日本の素晴らしさを知ってもらい、日本を好きになってもらいたい。

そのためには、『日本』を体験してもらうこと。

その体験を海外にいても体験できるよう、NACの登壇時間を活用していきたいと思います。

 

では、登壇時間に日本をどうやって体験してもらうのでしょうか?

 

僕の考えでは、メイドインジャパンの商品を体験してもらうことではないと考えています。

僕が本当に体験してもらいたいのは、世界に誇るべき高品質な商品を作り出している『日本人』そのものです。

その日本人のDNAに刻み込まれている「わびさび」「大和魂」「思いやりと察し」といった心。

 

日本人の心を表現し、体験してもらう。

何気なくそこにあるもの、当たり前にようにそこにあるもの、その時間と空間の中に『日本人の心』を溶け込ませることによって、日本を体験してもらおうかと。

 

日本には海外に輸出する石油や石炭などの資源はありません。

が、本当の日本の資源は、『人』。

心も含め『日本人』という資源を体験し、自分の生活に取り込んでもらう。

NACはそんな時間と場所にしたいです。

 

どうやるかは、これから考えます^^

1人じゃできないので、チームをつくるところからかな?


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です