セミナーセールスがうまくいかないときこそ”主導権”をとりなさい

フロントセミナーでバックエンドが売れない原因を探っていくと、講師が主導権を取っていないことが関係していることがあります。

 

ここでいう主導権とは、セミナー進行を指示し、誘導する権利のことで、つまるところ、講師の指示に参加者が従うという指示系統をシッカリと構築しているかということが、セミナーセールスに大きく影響してくるわけです。

 

フロントセミナーの終盤には、バックエンド商品を案内し、参加者には申し込み用に記入し、提出してもらうことになります。

「申込書にサインをしてください」
「申込書は受付にご提出ください」

という講師の指示に、参加者が抵抗感なく従うようにしておくと、バックエンド成約率は高まるわけです。

 

セミナーセールスをするしない以前に、主導権をしっかりととっておけば、重要なポイントを伝えるときに集中して聞いてもらえるようになるので、いかに早い段階で主導権を取るかが重要なんですね。

主導権をどうやって獲るのか?

この主導権、講師が話し始めれば自然に取れると思ったら大間違いです。

キチンと主導権をとる作業をしなければ、主導権はとれません。

どうすれば良いかと言うと、

「みなさん、ちょっと右手を挙げてください」

と右手を挙げてもらいます。

これだけで主導権をとることが出来ます。簡単でしょ^^

 

実は、行動は何だってよくて、右手でも左足でもいいし、隣の人と自己紹介でも構いません。

ポイントは、『講師の指示で参加者が行動する経験をさせる』ということです。

こうすることによって、主導権は簡単にとることが出来るので、セミナーの早いうちに取ってしまいましょう。

 

主導権を奪おうとする参加者が出てきた時の対処法

セミナーをやっていると、講師の持っている主導権を奪おうとする参加者が出てきます。

経験上、男性が多いんですよね(笑)

大抵、ちょっと難しい質問をしてきたり、議論をしようとして、講師を打ち負かそうとする人たち。

そして、それらの殆どはセミナーのテーマに沿わない的外れなものばかりなので、まともに相手にしてはいけません。

 

だって、彼らの目的は質問の答えではなく、主導権を取ることですから、そんな下らないことに付きあって、他の参加者を置いてけぼりにすることは避ける必要があります。

 

もしも、そのような主導権を奪おうとする人が出てきた時は、

「そのご質問の意図は何ですか?」

「そのご質問は今回のテーマに沿わないので、あとで個人的にお答えしますね」

「そのご質問にお答えしていると、時間が無くなってしまうので、休憩の時にでもお伝えしますね」

という切り返しで軽くあしらいましょう。

一旦、休憩にするという方法もあります。

 

いずれにしても、戸惑っておたおたしていると主導権はとられてしまいますので、堂々とした態度で絶対に主導権は死守しましょう。

まとめ

セミナーにおいて主導権は決してバックエンドを売るために必要だというだけでなく、参加者を望む方向に導くリーダーとして、参加者をまとめ上げるために必要だということを知っておいてください。

早いうちに取得して、絶対に死守するようにしましょう。

 


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です