プロフィール

黒崎英臣(くろさきひでおみ)

セミナービジネス実践会代表
1975年 東京生まれ
東京理科大学卒
著作:「セミナーで商品を売りたい!」と思ったときに読む本

 

セミナービジネスに関わるようになったキッカケ

極貧のバンド時代

私は、大学卒業後、ビジュアル系バンドのベーシストとして、プロになるべく、某テレマーケティング会社でテレアポのアルバイトをしながら音楽活動を始めました。

当時、金髪で長髪、鼻にピアスの状態でアルバイトをしながら、年間平均40本以上のライブ活動をやっていました。

なんとかライブの動員数を増やそうと雑誌の告知掲載やデモテープ販売などをしていましたが、全くといっていいほど観客動員は増えず、練習代や機材代がかさむばかり。

メンバー全員が借金をしながら活動するような状態で、6畳一間のアパートで1か月の食費が1万円という極貧生活。

ただ、 「自分のやりたい事がやれている」 という充実したバンド時代でした。

しかし、あえなくバンドは解散。プロミュージシャンの夢を諦めることになり、自分の生きる道をなくし、虚無感に襲われ途方に暮れる日々を送ることになったのです。

profile_v

毎日が退屈すぎる職人時代

バンドを解散し、途方に暮れていたところに父親からの電話。父親の経営する内装・清掃会社を手伝うべくフリーターからいきなり代表取締役に就任しました。

そこでビジネスについて経営について学びはじめ、宅地建物管理主任者、マンション管理士 2つの国家資格もとりました。

バンドのときよりも経済的に余裕ができたんです。

でも、毎日が面白くない。。。

代表取締役といっても現場を周り、内装やハウスクリーニングなどの職人としての時間がほとんど。土曜日も祝日も仕事で、休みは日曜日のみ。その日曜ですら緊急の時には出勤です。

その仕事が楽しむことができたら、休みが少なくても充実していたことでしょう。しかし、当時の私は「親の会社を継ぐのは親孝行」という考えだったので、『楽しくなくてもこれが親孝行になる』とある種の自己犠牲のようなと思いで仕事をしていたのでした。

「本当に俺はこの仕事を一生続けていきたいのだろうか?」

という思いが頭から離れず、自分の未来への不安しかありませんでした。

かといって、自分がしたいことが分かりませんし、何ができるかも分かりません。父親の会社を継ぐことが親孝行だと考えから抜け出せず、まるで心が鎖につながれているような自由が奪われたような気持ちが膨らみ、

「自分の人生はこんなもんだ・・・」

と言い聞かせ、気を紛らわすかのように酒、マンガ、ゲームに没頭し、自分をごまかして生きるようになってしまいました。

お金があっても心が貧しくなっていく  2度と味わいたくない、精神的にどん底の時代でした。

 きっかけは1冊の本と1つのセミナー

そんなある日、友人に「金持ち父さん 貧乏父さん」(著:ロバート・キヨサキ)を薦められ、読んでみました。

この本にある、自分のためにお金を働かせる「不労所得」という考え方を知った時、まるで体中に電流が走るような衝撃を受けたのを覚えています。

richdad 

「人生を楽しめる方法があるんだ!」
「もっと人生を楽しみたい!!」

そう自分の人生に希望と可能性を感じ、本を読み漁り好きな事をしながらお金が稼げるように、MLM、株式投資、FX、不動産投資について学び、実際に投資をし始めたのです。

しかし、全て上手くいかず失敗・・・

なんでうまくいかないのだろう?

そこで気が付いたのは、いずれもお金を得るプロセスが全く楽しくない、情熱が持てないということ。

 

「俺はいったい何がしたいんだろう?」

その答えを見つけるべく、2007年4月、知人の紹介で参加したシンガポールで開かれたNational Achievers Congressというセミナーに参加しました。このセミナーには世界中のトップスピーカーが16名ほど入れ代わり立ち代わり、人生を豊かにする方法についてセミナーをしてくれます。参加者の数は3000名ほど。

人生で初めてのセミナー参加だったのですが、衝撃的でした。参加者に可能性をもたらすセミナーの講師のもつ影響力、パワーに圧倒され、会場のエネルギーが高く、まるでバンドのライブのようです。

この状況を体感して直感的に

「俺、セミナー講師になりたい!!」

その時、セミナービジネス界で生きることを決めたのでした。

食べていけない暗黒時代があります

セミナー講師になる方法を模索する日々

セミナー講師になりたいものの、どうやってセミナー講師になるのか分かりません。2007年当時、現在のようにセミナー講師を養成する講座もなかったですし、それまでバンド活動と内装の仕事しかしてこなかったので、

何を話していいんだろう?
本当にこれで食っていけるんだろうか?
どうやって人を集めたらいいんだろう?
そもそも人見知りなのに本当にできるの?

などの様々な疑問と不安を抱きながら、セミナー講師の道を探し始め、プレゼンテーションやビジネス、自己啓発について学び始め、やがて世界No1コーチ、アンソニー・ロビンズのコーチングメソッドに出会うことになったのです。

そして、2008年3月20日 人生初のセミナー。 セミナーの講師、コーチとして活動すべく、父親の会社を退社し、独立をしたのでした。

セミナースタッフでセミナービジネスを学ぶ

私はビジネスプランもなく勢いで独立してしまったため、セミナー講師の仕事だけでは食べて行けず、派遣社員として働きながら、平日の夕方や週末にセミナーを開催していました。

はじめの頃はよかったんです。友人や知り合いがセミナーに来てくれましたから。しかし、長くは続きません。さらに、セミナーに参加してもらっても、肝心の高額のセミナーやコーチングが売れないため、セミナーを開催するたびに赤字という状態が続いたのです。

その時、『どんなに苦労して集客をしても、本当に売りたい高額商品が売れなければ意味が無い』と分かり、どうしたらフロントセミナーで高額商品が売れるのか、どうしたらセミナービジネスで利益を出せるのかを考え始めたのでした。

でも、何をどうしたらいいかわからなかったんです。

なので、様々なセミナーの運営スタッフとして関わり、セミナービジネス経営のノウハウをイチから学び始めました。

はじめは友人のセミナー運営のサポートをしていたのですが、次第にあちこちから声がかかり、気付けばアンソニー・ロビンズ氏、ピーター・セージ氏、ロッキー・リャン氏、ロジャー・ハミルトン氏などの世界トップスピーカーをはじめ、クリス岡崎氏、コーチカルダン氏、有森裕子氏、池田貴将氏など著名人のセミナー運営に関わるようになっていったのです。

support_01

300を超えるスタッフ経験、延べ2万人を超える参加者のサポートをしていく過程で、

・セミナービジネスの構築方法
・セミナー講師としての在り方

を体験として学んでいったのでした。 特に海外のトップスピーカーからは、1時間の登壇で1億円を売り上げるセミナーセールス のテクニックとその裏側に隠れている原理原則を学んでいきました。

スタッフのほとんどはボランティアであり、フィーは一切出ません。それどころか海外のセミナースタッフの際には、渡航費、滞在費として1回につき数十万円を自腹。正直、

『自腹を切ってまで、海外にスタッフをやりにいく意味があるのか?』

と迷ったときもありましたが、のちにこのスタッフ経験が大きな財産となったのは言うまでもありません。

セミナービジネスの「原理原則」を学ぶことで急激に成果があがった

スタッフ経験で学んだセミナービジネスの原理原則を自分のセミナーで活用してみました。

するとどうでしょう。

セミナーに人が集められるようになり、バックエンド講座の単価を高めても、嘘のように売れるようになったのです。

と同時にセミナーの運営・企画やスタッフトレーニング、コンテンツ作成、テキスト作成などセミナーに関わる様々な内容に関しての依頼も増えてきて、ようやくセミナービジネスでお金が稼げるようになったのでした。

そんな時、私の友人たちから 「セミナー講師として起業したいのだけど、何をしていいかわからない」 という相談を受けました。そんな彼らをサポートするべく、セミナービジネス構築の基本を学ぶ勉強会として発足したのが『セミナービジネス実践会』です。

こうして、セミナービジネスを支援する事業を立ち上げることになり、それが現在に続いてきたのでした。

セミナービジネス実践会は、これまでセミナー講師、コーチ、コンサルタント、セラピスト、ヒーラー、保険販売員、不動産営業担当、税理士、行政書士、スタイリスト、デザイナー、スポーツトレーナーなど多業種の方にご参加いただいています。

そして現在は、さらには出版をされている方、年商6億を超える経営者、業界著名人の方などにもご参加いただける会へと成長してきました。

 

セミナービジネススキルの活用して人生を豊かにする

私は、4か月かけて自転車日本一周したことがあります。この経験は私の視野を広げてくれ、人生を豊かにした本当に貴重な経験でした。

4か月間、仕事しません。お金もかかります。思い立った時には、資金はおろか自転車すらありませんでした。

しかし、セミナービジネススキルをフル活用し、思い立ってから1カ月で自転車日本一周するための時間と資金を作り出し、出発。4カ月で達成することができたのです。

profile_b

セミナービジネスが私の人生を大きく変えてくれました。10年前には、自転車で日本中を旅をする日が来るなんて、想像だにしていませんでした。

毎日が退屈で気持ちを紛らわすように毎夜毎夜、飲み歩いていた時代が嘘のようです。

 

私が当実践会を通じて望むことは、単にセミナービジネスでお金を稼ぐことだけではなく、人生という視点からビジネスを見つめながら、ビジネスとプライベートが両立しバランスの取れた心豊かな人生をおくる経営者が増えていくことです。

セミナービジネスはビジネスですからお金を稼ぐことが大事です。が、お金を稼ぐために集中しすぎて、大切な家族との時間を後回しにしてしまったり、自分の健康を損なってしまっては、何のためのビジネスなのか分からなくなってしまいます。

 折角の人生、ビジネスでお金を稼ぐだけではつまらない!

私は 、ビジネスの中に人生があるのではなく、人生の中にビジネスがあるということを忘れてはいけないと思うのです。

人生は楽しく生きてナンボ!

 

私はセミナービジネス構築を通じて、お財布の豊かさはもちろんのこと、心の豊かさも手に入れられる、ビジネスもプライベートも充実した心豊かな人生を送れるようサポートしていきたい!

こうした活動の結果、日本、世界が少しでも笑顔が増え、明るくなれば最高です!

そのような素晴らしいお手伝いができる機会に感謝しています!

name_s

 

 

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス