高額セミナー成約率を高めるセミナーの会場設営ポイント

 

会場設営は『おもてなし』

参加者に満足してもらい、バックエンドである高額セミナーを購入してもらうために会場設営スキルを磨くのはオススメ。

会場設営に関する記事は以前にも書いてるので参考にしてみて。

座席の配置がセミナークロージングの決め手

高額セミナー成約の明暗を分ける座席

セミナークロージングの8割は会場設営力で決まる

バックエンド販売を成功させる机の配置

 

でね、俺からすると会場設営っていうのは「おもてなし」って考えが基本にあって、そもそも会場設営にこだわらないっていうのは、

「家にお客様が来るけど掃除もしないし、スリッパも用意しない。

お茶も出すわけねーだろ」

って言っているのと同じレベル。
 
 
セミナービジネスも客商売。

自分がセミナー参加者だとして、どのような扱いをしてくれれば、またセミナーに行きたいと思うかを考えれば、何をすればいいかはわかるよね。

是非、このブログで会場設営をマスターしてもらいたい。

セミナー会場設営を動画で学ぶ

で、いくら文字で書いてもあまり伝わらないと思って、実際の会場設営を動画にしたよ。

会場設営にはいくつかのパターンがあるので、今回はケース①という事で参考にしてほしい。

まずは、動画を確認してみて。

セミナーに集中させる会場設営

今回の動画で特に押さえてもらいたいポイントは、

セミナーに集中させる会場設営

セミナーに集中させるためには、セミナー以外に興味が向かないようにしなければいけない。

 

そのため今回の動画でしていることは、

・参加者から時計を見せないようにする

・窓の外を見せないようにする

・壁に張り紙があれば出来るだけ取る

・スライドと講師が見えるように光のバランスを整える

もちろん会場によって出来ること出来ないことがあるけど、できるだけセミナーに集中できるような会場設営を心掛けよう。

他のポイントについては、また別の機会にお伝えするので、今回お伝えしたことはガッチリとマスターして、参加者の満足度を高め、高額セミナー成約率アップにつなげていこう。

まとめ

・会場設営は『おもてなし』
・セミナーに集中させる会場設営をしよう


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です