セミナー集客ができない人がかかる呪縛とは?

セミナー集客ができない人の呪縛は自作自演

【呪縛】:まじないをかけて動けないようにすること。また,心理的に自由をうばうこと。(三省堂 大辞林より抜粋)

 

これまでセミナー集客ができない人、セミナービジネスでお金を稼げない人の相談に乗ってきたんだけど、こういった人たちはある種の呪縛をかけられている。

 

しかも恐ろしいことに、自分自身に呪縛をかけていて、それに気が付かないでいるんだよね。

俺もさぁ、数年前まで自分自身に呪縛をかけちゃっていて、セミナーに集客ができない、お金が稼げないという状況だったわけ。

 

呪縛にかかっていることにすら気づくこともなく

「なんでこんなに頑張ってるのにうまくいかないんだ・・・」

とかいって、自分の人生が開かれていかないことを悲観したりしてた(笑)

今の状況から振り返ると超笑っちゃうけど、当時は笑ってられない状況だったね。

 

ある時ふと自分の呪縛に気づき、呪縛を解くことができ、それから集客数も増え、お金が稼げるようになったんだ。

 

でね、気づいたことは、この呪縛は自作自演だということ。

だからさ、そんな呪縛はサクって解除しちゃおう。

呪縛の正体

セミナー集客できない人の呪縛って何かというと、

 

手段にとらわれているということ。

 

どんなビジネスもそうだけど、商品というのは手段にすぎない。

そもそも何故その商品が作られ、販売しているのかと目的が大事で、この目的をアピールして売る必要がある。

 

この目的と手段を混同し、手段を売ろうとする人が多いわけよ。

 

よくあるのは、コーチングね^^

コーチングスクールに通い、プロコーチになって起業しようとする人が増えてるけど、喰えないコーチも比例して増加。

 

何故か?

 

それはコーチングをコーチングのまま売ろうとするからで、コーチングを売ろうとするのであれば、コーチングという名前を使わずにコーチングを売ることを考えなければいけないんだよね。

 

購入者は手段にこだわりはない

購入者というのは自分の問題が解決できれば、基本的に手段はなんでもいいと考えている。

 

例えば、ダイエット。

ダイエットのための手段は、ジョギング、ジム、食事制限、ヨガ、サプリ、ダイエット器具、教材、本、セミナー などなど色んなあるよね。

 

でも本当に欲しいのは、ジョギング?サプリ?教材?

 

本当に欲しいのは、『2か月で体重マイナス15キロ ウエストにクビレを作り、もう一度着たい服を着れるようになる方法』という目的だ。

 

手段と目的、どちらが欲しくなる?

 

基本的に購入者が欲しいのは目的であって、そこにお金やら時間やらの制限がかかるというわけだ。

 

ここに気づかないと、いつまでも呪縛がかかったままで苦労の割に成果が上がらないという状況からは抜け出せないから、しっかりと理解してもらいたいんだ。

 

ほんと手段にとらわれすぎると

 コンセプトが定まらない

 ブログの記事が欠けない

 セミナー集客なんてもってのほか

という状態に陥って、いつまでも身動き取れなくて気が狂いそうになるのを知っているからね。

 

呪縛はサクッと解除しちまおう。

まとめ

セミナー集客ができない人は、目的ではなく手段をひたすらアピールして売る呪縛にかかっている。

セミナー集客を成功させたいのであれば、手段ではなく目的を売るようにしよう!!

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です