セミナー集客は人を集めればいいってもんじゃない

どーも、セミナー集客実践会黒崎英臣です。

今回のテーマは、セミナー集客は人を集めればいいってもんじゃない

セミナー集客は人を集めればいいってもんじゃない

セミナー集客ができても赤字になるという現実

セミナー講師として起業するのであればセミナー集客っていうのは、絶対に避けては通れない道なわけで。

 

眠い目をこすりながら夜な夜なブログを書き溜めたり、メルマガを配信したり、SNS活用して記事を拡散したり。

ときにはお金かけてランディングページ作って、広告入れたり、著名人に紹介してもらったりしてなんとかセミナーに人を集めるわけよ。

 

でも、どんなにセミナーに集客できても赤字になる場合がある(泣)

 

例え200人の会場が満席御礼になってセミナーが盛り上がったとしてもセミナーの収支は赤字で主催者は滝汗・・・

 

何故そんなことが起きるのだろうか?

人を集めるとビジネスが赤字になる

「え~、集客できたら売り上げは伸びるんじゃないの?」

 

はっきり言ってこの考え方自体が大間違いで、この考え方をしている限りビジネスは黒字化はしない。

 

セミナー集客をするから黒字化するわけではなくて、黒字化するセミナー集客をするから黒字化するんだ。

 

セミナー集客は、単にセミナー会場に人を集めればいいってもんじゃない!

 

セミナービジネスもビジネスである以上、黒字化を考える必要があるが、セミナー集客を単に人を集める作業だと考えてる限り赤字は続く。

 

経営者としてビジネスを黒字化させる集客を考えていかなければいけないね。

 

ここでフロントセミナーと単発セミナーに分けて、それぞれ黒字化させる集客ポイントをお伝えしよう。

黒字化セミナー集客ポイント ~フロントセミナー

フロントセミナーの場合、最後に高額なバックエンド商品を売って収益を上げるので、当然ながらバックエンドが売れなければ赤字だ。

 

バックエンドを売るためにはセミナークロージング力を磨く必要があるのだが、それとは別にセミナー集客の時点でやっておかなければいけないことがある。それは・・・

 

バックエンドを購入する人をフロントセミナーに集客する

 

そもそも、バックエンドに興味がない人、興味があっても購入しなそうな人は、最初からフロントセミナーに集客はしない。

バックエンドを購入する可能性が高い人をフロントセミナーに集客すれば、バックエンドが売れ、黒字化につながるのは当然だろ?

黒字化セミナー集客ポイント ~単発セミナー

単発セミナーは、特にバックエンド販売がないのでセミナーそのもので黒字化をさせることが必要。

で、色々やり方はあるけど、よくあるのは席のグレードを作って販売すること。

 

例えば、

VIP席:10万円

ゴールド席:5万円

一般席:9,800円
のように分けて、それぞれの特典に差をつけて販売するんだ。

ポイントは、2割の参加者で収支がトントンになるように設定し、その2割の席の販売に集中すること。

 

上の例でいえば、VIP席とゴールド席で収支トントンになるように設定し、それらの席を集中して販売する。

 

VIPとゴールドが完売してしまえば、一般席が売れた分が黒字となるし、最悪一般席全員を招待したとしても赤字にはならないからね。

で、面白いことにグレードを分けると高い席から売れていく(笑)

 

もちろん魅力的なオファーありきという事は忘れないでほしい。

まとめ

セミナー集客は、単なる人集めではビジネスは黒字化しない。

フロントセミナー:バックエンドを購入する人を集客する

単発セミナー:席にグレードを分けて集客する

を意識して、セミナー集客をするとイイぞ!!

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です