ターゲットを絞るのは「あなただけを幸せにする」という覚悟

ビジネスは恋愛によく例えられます。

ビジネスにおけるターゲットについても恋愛と同じなんですよね。

 

ビジネスのコンサルタントをしていると、

「ターゲットはみんな」

とか言い放ち、ターゲットを絞れない人がいますが、 これは恋愛で言えば、

「私は、Aさんも好きで、同じようにBさんも好き。

Cさんも気に入っているし、Dさんとも付きあいたい。

Eさん、私と付きあってください!」  

と言っているようなもので、 そんな八方美人は誰とも付きあうことが出来ないでしょう(笑)

 

一方、

「私は、Aさんが世界中で誰よりも好きです!

どうか付きあってください!」

とたった一人の人に絞ったとしたら?

 

少なくとも前者よりは、付きあえる可能性はグンと高まりますね。

ビジネスにおいてターゲットを絞るということは、 たった一人の顧客に対して、

「私はあなたを幸せにします!」

という意思表示であり、覚悟の現れです。

 

ターゲットを絞ったら、他の顧客が来ないのではないか?

と心配になる方がいますが、これは

「結婚したら他の女性と遊べなくなる」

って言ってるのと同じ(笑)

余計な心配です。

 

たった一人を徹底的に愛する

だからこそ、うまくいくんですね。

 

コーチングやセラピーをビジネスにしようとすると、 色々な問題を解決できてしまうので、 あの人もこの人も助けたいという想いから、 ターゲットがどんどん広がっていってしまいます。

しかし、結果としてその思いやりがあだとなり、 周りから八方美人の烙印を押され、 専門性もなく信頼性も薄くなってしまうわけです。

 

ターゲットを絞ることは、

目の前にいるたった一人を徹底的に愛し幸せにする

という覚悟。

覚悟がありリスクをとったものに、幸せの女神は微笑みますからね^^

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です