自分では気づかない「自社の強み」を見つける方法

ビジネスをする上で、自社の強みの発見は重要です。

しかし、自社の強みってよくわからなかったりします。

僕もそうでした。

だから、今のビジネスの自社の強みを発見するには、苦労しました(苦笑)

 

どうすれば自分の気付かない「自社の強み」を見つければ良いのでしょう?

 

一番早いのは、既に商品を購入してくれた人に聞いてみることです。

「私の商品は、他社の商品とは何が違うと思いますか?」

「私の商品の良いところは、どこだと感じましたか?」

こうしたアンケートをすることにより、「自社の強みリスト」が完成しますから、その中で他社が打ち出していない「自社の強み」を「選ばれる理由」として全面的に打ち出していきます。

分からないことはお客様に聞いてみるのが、一番早いですね。

 

僕は、

「世界トップスピーカー達のセミナーサポートをしてきた経験」

を打ち出していますが、正直自分では強みだと思っていませんでした。

しかし、上記のようにアンケートをとった時に、挙がってきた項目だったんですね。

そして、他社を調べてみると、僕のような経験をしている人はいない。

そこで初めて、これまでのサポート経験が、他にはない自分の強みであり、選ばれる理由であるということが分かりました。

正直、最初に聞いたときには、

「えっ、こんなことが強みになるの?」

という感じでしたけど、そこに価値を感じてくれる人もいるっていうことですね。

 

自社の強みが分からなければ、お客様に聞いてみることです。

お客様は全てを知っています。

 

もしこれからビジネスを始めることであれば、無料でも商品を試してもらって、アンケートをお願いすれば、自分では気付かない自社の強みを見つけることが出来ます。

 

もちろんお客様に聞かなくても、自社の強みは見つけることは出来ます。

しかし、そのためには「お客様視点」になることが必須。

他社とは違う強みが見つかったとしても、それがお客様にとって魅力であること、商品を選ぶ理由になっていなければいけませんからね。

「これは自社だけの強みだ!」

と息巻いても、お客様に

「ふ~ん、で何?」

と思われたらアウト!

自社の強みはお客様にアピールするものなので、歯牙にもかけられない強みでは意味がありませんからね。

そうすると、

お客様にアンケートとって聞くのが一番!

というのが僕の実感ですね。

 

是非、アンケートとってみてください。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です