VIP席が真っ先に完売!参加者満足度の8割は○○で決まる

先週、神戸で講演イベントの運営統括をしてきました。

セミナーやイベントの運営統括はやることが沢山あるのですが、運営の仕方次第で、参加者に楽しんでもらえるし、笑顔になって帰ってもらえるので、やりがいがあります^^

 

セミナーの運営をやっているといつも実感することがあります。

それは。。。

運営次第で参加者の満足度は大きく変わる

 

ということ。

 

今回のテーマは、VIP席が真っ先に完売!参加者満足度の8割は○○で決まる

 

セミナーの満足に関する誤解

セミナーをやり始めたころは、

「問題を解決すれば満足してもらえる」

「参加者の知らない情報を提供すれば満足してもらえる」

と信じ込み、疑ってもいませんでした(苦笑)

 

しかし、アンソニー・ロビンズをはじめとする世界トップスピーカーのセミナーのクルーをした時、

「問題解決が参加者を満足させるカギではないのかも?」

そんな疑問が湧いてきたのです。

 

というのも、まだ何も問題解決がしていないし、解決策も提供されていないのにも関わらず、すでに満足をしている人を目の当たりにしたからです^^

 

 

不思議です。

 

そこで俺自身のセミナーの参加者200名以上に

「これまで参加したセミナーで満足した点は、どんなことですか?
また、不満を感じた点は、どんなことですか?」

というワークをやっってみました。

すると、面白い結果が!!

 

セミナー参加者の満足度を決定づけるものとは?

セミナーの満足度について調査するため、ワークをやったところ、

参加者の満足、不満足を左右する割合は、

問題解決 ・・・ 20%
サービス、ホスピタリティ ・・・ 80%

ということが判明しました。

 

つまり、セミナー参加者にとっての満足ポイントは、

『セミナーで問題解決ができたかよりも、スタッフの対応や会場の場所、講師の立振る舞いなどが重要だ!』

ということです。

 

なんという皮肉。

 

参加者のためにと思い、問題の解決策を散々提供したとしても、満足度はたいして上がらない。

それどころか、解決策を提供しすぎたばかりに、バックエンドが売れないという自分で自分の首を絞めていたことに、ようやく気付いたわけです。

 

VIP席が真っ先に売り切れる理由

イベントやセミナーによっては、座席にグレードが分かれます。

で、真っ先に売り切れるのは、一番金額の高いグレードの席。

 

ここでちょっと考えてもらいたいのですが、一番高い席でも一番安い席でもセミナーで聞く話は同じです。

問題解決だけであれば、席はどこでも同じです。

 

何が違うのか?

それは。。。

 

サービス、ホスピタリティとそこに付随する感情。

 

VIPは、一番前の席が用意されたり、水や食事が用意されたり、講師と食事が出来たり、並ばなくても真っ先に席に座れたりと、特別待遇されます。

が、真っ先に一番前の席に座れたからといって問題は解決しません(笑)

 

本当に欲しいのは、VIP待遇をされているという優越感や満足感という感情だということが分かりますね。

 

多くの場合、VIP席を購入することに付随する感情を味わいたくてVIP席を購入するのです。

 

 

まとめ

満足度というのは、感情をいかに満たすかということに付きます。

 

現在は優良な情報はインターネットで、しかも無料で手に入るようになったので、情報だけではもう満足されません。

参加者を満足させるためには、

「参加者の感情を満たす空間と時間をいかにつくるか?」

というサービスやホスピタリティが重要になってきたのです。

 

空間と時間をいかに作るかは、運営にかかっているといっても過言ではないでしょう。

 

参加者に対して、笑顔で挨拶する。

これだけでも、参加者の満足度は大きく変わってきます。

 

セミナービジネスも客商売。

問題を解決だけにとらわれず、もっと広い意味で

「お客様を喜ばせる」

ということをセミナービジネスでも考えていきたいですね。

mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です