座席の配置が売上げを変える!バックエンド成約率を高める会場設営のポイント

セミナービジネス実践会 黒崎 英臣です。

今回のテーマは、座席の配置が売上げを変える!バックエンド成約率を高める会場設営のポイント

見逃しがちなセミナービジネス必須能力とは?

俺は不動産の図面をみて快適な生活をシミュレーションするのが好物。

 

玄関から入り、廊下を通ってリビングへ。

キッチンで食事を作り、リビングでテレビを見て、シャワーを浴び、寝室へ。

どの位置にどういった家具を置けば、部屋内を効率よく快適に動き、生活ができるのか?

 

こんな風に不動産の図面を見ながら、理想の生活を想像したなんてことは、今までにない?

 

俺はセミナー講師をする前は内装・ハウスクリーニングの職人だったので、図面と実際の現場を散々みてきたんだ。

そうした経験があって、図面から実際の物件を連想する精度が増し、どうすれば快適な行動がとれるのかという提案ができるように。

 

おかげさまで、その能力は今、セミナービジネスを発展させる上で欠かせない能力へと成長していった。

その能力とは、

 

会場設営能力!!

会場設営でバックエンド成約率アップ

会場設営?

と思うかもしれないけど、侮るなかれ!

 

会場設営を変えただけで、160万円の高額セミナーの成約率が60%になった方もいるくらい超強力な武器。

 

・参加者との信頼関係構築

・参加者の満足度アップ

・高額セミナー成約率アップ

 

こうした目的の達成を支えるのは、椅子の配置などの会場設営。

 

俺の今までの経験による感覚だけど、高額セミナー成約の6割くらいは会場設営にかかっているといっても過言ではないな。

 

本当に超~~~~~~強力な武器なんだが、残念なことに会場設営や座席の配置にこだわっているセミナーって殆ど見たことない。

 

信頼関係構築や満足度を高め、売上を伸ばさなくてないけないセミナー講師でありながら、会場設営に力を入れないないとは・・・

 

お前、ボンクラか?

 

思わず心でそう叫んでしまいそうになるわけだ^^

ホント、もったいない。

プロ講師であれば会場設営にはトコトンこだわりたいものだな。

 

会場設営でまず抑えるべきポイント

さて、「会場設営はどうすりゃいいんじゃい?」というところに話を移そうか。

会場設営で最も重要なポイントは、

ゾーニング

ゾーニングとは、目的に合わせて、空間を複数のスペースに分け、それぞれに意味を持たせること。

 

家だと分かりやすい。

家という空間の中に、玄関、キッチン、リビング、寝室、トイレ、浴室、書斎、廊下などのスペースがありそれぞれに意味と目的があるよね。

ワンルームでは扉などのはっきりした区切りがないけど、何となく無意識に、

・ご飯を食べるところ

・寝るところ

・PCをするところ

というようにスペースをわけてる。

セミナー会場でも同じようにゾーニングをするわけだ。

 

 

お前に言われんでも、そんなの分かってるわい!!

っていう奴にいるんだが、そういう奴に限ってゾーニングが下手くそ(笑)

 

受付、講師の場所、受講席、撮影場所など、なんとなくゾーニングらしきものがされてるけど、

目的に適ったゾーニングとは到底思えんよ・・・

 

受付も単に受付ではなく、参加者が申込用紙を提出しやすくなるように、

受講席も単に受講席ではなく、信頼関係が構築しやすいように、

目的に適った会場設営が重要だということを覚えておこう。

 

不安を与える会場設営はNG

セミナー会場に行って設営をみると、ゾーニングがされていないスペースがポッカリと空いているのを見かける。

「えっ?このスペースは一体・・・」

というのは

マジ最悪・・・

 

実は、目的や用途の分からない、空白の空間は、参加者に不安を与えてしまう。

 

参加者に不安を与えてしまう事が、後にバックエンドセールスにつながるかどうかは、言うまでもないよね。

 

逆にしっかり目的を持ってゾーニングした会場の設営は、

安心感につながり、

満足度につながり、

バックエンド成約につながってくる。

 

何事も目的を持つことが大事だね。

 

まとめ

会場設営というのは、会場の雰囲気を変える大きな役割を持ってる。

 

細かい部分にまでこだわった会場設営は、必ずセミナービジネスの発展に大きな影響を与えるので、

もう一度、椅子の配置など、会場設営を見直してみていいぞ。

 

会場設営は、ゾーニングが命!!


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です