セミナーセールスを有利にする座席数とは?

今回のテーマは、セミナーセールスを有利にする座席数とは?

実は、セミナー会場に用意する座席の数で、セミナーセールスを有利に運ばせることができる。

 

ここで問題:
セミナーの申し込みが20名で、うち18名が入金済み。
では、セミナー開始時に座席をいくつ設営しておけばいい?

うーん、入金が18名だから座席は18かな。

いやいや、20名申し込みがあるんだから20でしょ。

じゃぁ、間をとって19にしようか。

答え出た?

ここで俺の答え。

16席くらい。

何故か?


セミナー開始時の座席数を決めるポイントは、参加者を安心させる座席数にするというところ。

セミナー開始時に空席が目立つのと、セミナー開始時に席が足りなくて追加されるのでは、どちらが参加者が安心するか?

空席が目立つと、

あれ?集客うまくいってないの?
大丈夫?ちゃんとした事教えてくれるんだよね?

っていうような不安を抱いてしまうんだ。

一方、席が埋まって追加されると

おぉ!結構、人気なセミナーなのか。参加して正解だったかも。

っていうような安心を得感じさせることができる。

やっぱ、金額に関わらず、セミナー遅刻キャンセルは出てくるのは当たり前。

急な用事やトラブルがあったりするからね。

金額の安いセミナーではドタキャンが多いし、雨が降るとさらに増える。

無料セミナーで雨の時なんか、誰も来ないなんて状況もありうるわけだ。(これはこれで問題なのだが・・・)

最終的には申込者全員がそろったとしても、セミナー開始時には大体申込者の8割

雨の日は7割くらいにしておくといい。

もちろんセミナーの価格や天候によっても変わるので、状況に合わせて座席を用意してみて。

ちなみにだけどホールとかで椅子が固定の場合だけど、座席を座席だと思わせない工夫が必要。

アンソニー・ロビンズ
のセミナーでは、埋まらない座席は大きな黒いでっかいシーツをかけて、座席を見えないようにしてる。

いずれにせよ、参加者を安心させる会場設営が基本だ。


今回の一言:8割の座席数で安心させよ!


mail_cta_02

お名前(苗字のみ) メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です